ここから本文です

アニメ「名探偵コナン」860話、目暮警部の「バカモン!」が話題に

5/26(金) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 アニメ「名探偵コナン」の860話が2017年5月20日(土)に放送されたのだが、「コナン見てたら目暮警部が突然波平になってわろた」「目暮警部の『バカモン!』の言い方が波平すぎて2度見したwww」と話題になっている。

 860話では、多発している空き巣の犯人を捕まえてほしいと依頼された小五郎が、コナンと共に依頼人・三好純子が住んでいるマンションへ訪れる。3人がマンションの前で話をしていると、裏手にある駐車場から悲鳴が。駆け付けてみると、純子の隣の部屋の住人・北上直嗣が頭から血を流して息絶えているのだった。現場には警視庁から目暮警部たちが駆け付け、北上の真下の部屋の住人・澤田良介からも話を聞くことに。

 捜査が進むにつれ、北上が空き巣の犯人であったこと、さらに澤田が以前に強盗を働いており、空き巣に入った北上にその証拠を掴まれたことが明らかになる。そして澤田は盗品を要求してきた北上に催涙スプレーを噴射し、足を取られて頭をぶつけた彼を自殺に見せかけベランダから落としたと自供した。

「あいつが勝手に入ってきて、勝手に死んだんだ! どうして俺が罪を背負わなきゃいけないんだ!」と食い下がる北上に対し、目暮警部は「バカモン!」「貴様は、重大な犯罪者だ!」と鋭く一喝。この一喝には視聴者から「波平さんが出てきたかと思った」「あれ、サザエさん? と思ったらコナンだった」「犯人へのお説教が普通に波平」といった声が上がっている。

 目暮警部の声を務める声優・茶風林は、「サザエさん」で波平の声も担当している。そのため同じセリフが似ているのは当然のことなのだが、中には「似てると思ったら波平と目暮警部って同じ声なのね」「目暮警部のお叱りで声が一緒ってことにやっと気づいた」という人も。

 茶風林が前任の永井一郎から継いで波平の声を担当することになったのは、2014年から。そのため「いつの間にか新しい波平に慣れてたんだな…」と、茶風林の波平が世間に浸透していることを実感する声も。目暮警部にはこれからもお馴染みの声で犯人を追い詰めてほしい。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい