ここから本文です

みんなが小泉今日子を目標にし、その“遊び”を見たがった。ミュージシャンも惹きつける小泉今日子の魅力とは?

5/26(金) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 小泉今日子の歴代シングルを3枚組50曲で完全網羅した『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~』(ビクターエンタテインメント)。その初回限定盤プレミアムBOXに収録される書籍が『コイズミシングル~小泉今日子と50のシングル物語』。全シングル制作に携わった関係者への総力取材で、小泉今日子の音楽史を紐く全368ページのメイキング本だ。

 今回は、同書で約70人ものミュージシャン、作詞家、作曲家、編曲家、ディレクターなどの証言をまとめ上げ、一つの物語として仕上げたライターの松永良平さんにインタビュー。同書の成立過程や、そこで披露されたエピソードの裏側を聞いた。

――この本の中では、『渚のはいから人魚』というタイトルが、はっぴぃえんどの「はいからはくち」からの引用だったという話など、音楽好きの人が反応しそうな逸話も多く書かれていすね。松永さんが一番驚いたエピソードはなんでしたか?

松永 まず、デビュー曲の『私の16才』が、「四つ打ちのダンスミュージックを作りたかった」という方針のもとに作られていたことです(笑)。この話を初代ディレクターの髙橋隆さんから聞いて、「この本はもっと面白くなるな」という手応えが自分の中にもありました。

――『快盗ルビイ』で、野村義男さんが2小節だけシタールを弾いていたというエピソードも面白かったです。

松永 あのエピソードを掲載できたのは、野村さんのサービス精神のたまものです。僕らも全然知らなかった話でしたが、野村さんが「僕、あの曲で弾いていますよ」と自分から教えてくれて。最高にいいネタをいただきましたね(笑)。

――この話は今まで知られていなかった新事実なんですね。

松永 そうかもしれませんね。野村さんも当時は自分で話す機会もなかったと思います。野村さんの家に、大滝詠一さんから「シタール持ってる?」と電話が掛かってきた……という話も、“ポップス裏の裏”みたいなエピソードで面白かったです。

1/4ページ