ここから本文です

おいしくて健康効果も 注目高まるアーモンドミルク

5/27(土) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 今年は「アーモンドミルク」を使ったメニューや商品が続々と登場しています。アーモンドミルクとは、水に漬けて一晩以上置いたアーモンドに水を加えてミキサーなどでかき混ぜ、こした植物性飲料のこと。白っぽい色をしていて「ミルク」と名前にはついていますが、乳製品は使われていません。

 アーモンドは、抗酸化作用のあるビタミンEや食物繊維、悪玉コレステロールを抑えるオレイン酸などを豊富に含み、美容や健康を気遣う女性に人気の食材です。アーモンドから作られるアーモンドミルクは牛乳・豆乳に次ぐ第3のミルクといわれることもあり、海外ではセレブも愛用したことから人気に火がつきました。
 日本でもアーモンドミルク研究会が3月1日に発足。5月下旬からアーモンドの実がなり始めることから、5月30日が「アーモンドミルクの日」として日本記念日協会(長野県佐久市)にも認定されるなど、まさにいま注目が高まっています。話題のアーモンドミルクを使った商品やカフェで楽しめるメニューをご紹介します。

■カリフォルニア発のアーモンドミルク飲料

 食品メーカーのマルサンアイでは、2013年から展開しているアーモンドミルク飲料シリーズ「アーモンド・ブリーズ」が好評で、続々とラインアップを増やしています。「アーモンド・ブリーズ」はもともとカリフォルニア発のブランドですが、今年3月には日本限定のフレーバー「アーモンド・ブリーズ 抹茶 200ml」も発売され、7種類のフレーバーがそろっています。

 1番人気だという「砂糖不使用」は、アーモンドの香りはありつつも、すっきりしていてサラリと飲めます。2番人気の「オリジナル」は、自然な甘みとアーモンドのコクを感じるまろやかな飲み口。そして新発売の「抹茶」は、宇治抹茶の豊かな風味と控えめな甘さがクセになる柔らかな味わいです。

 「本場アメリカでは飲むだけでなく、牛乳のかわりにグラノーラやフレークにかけたり、スムージーやお菓子、料理の材料にしたりと、幅広く使われています。ホームページには料理のレシピも多数紹介しているので、ぜひいろいろな楽しみ方でアーモンドミルクを生活に取り入れてみてください」(マルサンアイ営業統括部の藤井昭雄さん)

 7種のフレーバーのうち、「オリジナル」「砂糖不使用」「砂糖不使用 バニラ」は、料理に使いやすい1リットルサイズもあります。なお、同社の「アーモンド・ブリーズ」シリーズの売り上げは順調に推移しており、リピート率は88%にも上ります。おもに30~40代の女性が購入しているそうです。

1/2ページ

最終更新:5/27(土) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。