ここから本文です

外資コンサル男の「領収書」にドン引きしたアリサ34歳の告白

5/27(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑うアラサー女性。彼女たちは男性に何を求めているのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートする連載、第3回をお届けする。私はこうして結婚しました、あるいは、できませんでした……。

* * *
◆男女の参加費が同額くらいのパーティーが私には合っている

「私のほうから好きになったのに……、気持ちが冷めたのは、デートの支払いを見たときでした」

 婚活中のアリサさん、34歳。化粧品メーカーで働く華やかな女性だ。女性の多い職場の上、30歳を超えて出会いの機会が減り、焦り出して、婚活を始めた。アリサさんの主戦場は、婚活パーティー。様々なパーティーに参加するうちに、自分に合う場所がわかってきたという。

「私の場合は、男女の参加費が同額くらいのパーティーがいいんです。女性が無料のだと、20代の若いサクラの女の子がけっこういたりして、年齢で負けちゃう。対して、医者とか弁護士とか、年収が高い男性限定のパーティーになると、そういう男性には知り合えるかもしれないけど、女性が高額を払わなきゃいけない。女性に高い参加費を払わせるパーティーに来る男の人は、ちょっと信用できないなぁと思って」

 かくしてアリサさんは、会費1万円程度のワイン会に足繁く通い、半年前に、同い年の洋輔さん(34)に出会った。

「第一印象はそんなに。ただ、外資系企業でコンサルタントをしている人で、私の働く業界に詳しく、仕事の話が合ったんです。で、住んでる場所が近かったから、よかったら今度、仕事帰りに近くで飲まない?、美味しいところがあるからって誘われて、自然にラインを交換しました」

 最初のデートは金曜の夜、少し遅めの時間からだった。

「私も残業のあった日で、20時過ぎから、家の近くのワインバーで。彼は留学経験があることとか、数年前に転職して外資系企業に入ったこと、今、やりたいことができてすごく充実してることとか、主に仕事についてアツく語ってました。

1/3ページ