ここから本文です

黒木華、着物姿で料理を披露! 華麗なる“包丁さばき”の裏に──

5/27(土) 8:00配信

週刊女性PRIME

 大坂に生まれた天涯孤独なヒロインが、江戸で一流の女料理人として成長していく姿を描いた時代劇『みをつくし料理帖』(NHK総合 土曜午後6時5分~)。黒木華が、NHKドラマに初主演し、クランクイン前から練習に取り組んだ包丁さばきで料理を披露。食通や江戸っ子たちがうなる、おいしい創作料理とドラマの舞台裏とは──。

【この記事のすべての写真を見る】

昨秋から料理特訓、完璧な包丁さばき

「土曜時代劇」から「土曜時代ドラマ」にリニューアルした第1クールで、黒木華がNHKドラマ初主演。江戸の料理屋で腕を磨く、大坂生まれの女料理人・澪(みお)を演じている。

 城谷厚司プロデューサーは、以前から高田郁(かおる)の同名小説を映像化したいと考えていて、昨年9月にドラマ化が決定。脚本は『ちかえもん』で向田邦子賞を受賞した藤本有紀が担当する。

「澪役には黒木さんを、と当初から考えていました。とにかく表情力が素晴らしいんです。次から次へといろんな表情を見せる。撮影は中盤に入りましたが、いまだに新たな表情が飛び出します。演出家も、撮影していて楽しいようです。

 そんな黒木さんと共演し、澪の成長に関わっていく登場人物を演じるには、誰が面白いだろうと考え、キャスティングしています」

 1話が38分という短い時間のドラマなので、すべての登場人物の背景をじっくりと描くことができない。キャスティングで重視したのは、限られた時間の中でもキャラクターに厚みと奥行きを感じさせる役者であることだった。

 毎話、江戸時代のおいしそうな料理が登場する。

「カツオを何匹か本当にさばかせていただきました。頭を落とすときに骨を折るのとか、座って調理をするのが初めてだったので、難しかった」と、黒木。

 第1話では、澪がカツオをさばくシーンで、見事な手つきを披露した。クランクインは今年3月だが、昨年11月から料理の練習を始めた努力の賜物(たまもの)だ。

「現代人は扱い慣れない和包丁を黒木さんの練習用に作りました。黒木さんは週に1回、先生のところに通われ、その様子をビデオに撮り、家でも毎日のように練習していたそうです。クランクインするころには、包丁さばきは完璧でした」(城谷P、以下同)

 主演の黒木は、包丁さばきと実はもうひとつ、撮影前に特訓していたことがあるのだそう。

「澪が困ったとき、心配なときにする顔を小松原は“見事な下がり眉だな”と揶揄します。澪の最大の特徴である“下がり眉”ですが、クランクイン前にお会いした黒木さんの眉は、もちろん下がっていませんでした。眉間のあたりの筋肉を鍛えられたのでしょうか、撮影が始まると本当に見事に下がるようになっていました(笑)。一発芸のようにそれだけをするのではなく、お芝居をしながらの“下がり眉”なので、素晴らしいです」

1/2ページ

最終更新:5/27(土) 8:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)