ここから本文です

【著述家・プロデューサー/湯山玲子】男性論から見るりゅうちぇる――女性マインドをもつりゅうちぇるは本当の意味で男らしく見える!

5/27(土) 15:00配信 有料

サイゾー

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか?あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

 今は男が男から逃げ出している時代なんです。昔、男の居場所といえば、パチンコ、居酒屋、スナックだったけれど、今そこにいる顔ぶれは50代以上。その下の世代の男たちがどこにいるかといえばカフェ。そう、“カフェ男”がはびこっています。

 その元祖が村上春樹。本人も、小説の中の主人公も、です。彼は全共闘時代に、イデオロギーや思想といった大義に背を向けて、コーヒーやジャズというお気に入りに囲まれた自分にとって居心地がいい空間や時間こそが信じられる、という感覚優位主義を打ち出したのですが、カフェ男はまさにそういう存在。とはいえ、その根底には「センスがいい俺」を競う男の競争原理があり、そんな俺を称賛する女が好き。すなわち、旧来の“男らしさ”は背負いたくないけれど、心の中では男的なマウンティングから抜けきれていない、というのがネックでした。

 そこでりゅうちぇるですが、彼は男でいながら完全に男らしさの呪縛から離れている。それでいて、ボクちゃんが一番というナルシズムではなく、“女を愛する男”というマッチョの原型は維持、というラインを打ち出しているのがスゴい。本文:4,176文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5/27(土) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年9月号
8月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:新しいニッポンのタブー
第2特集:裏「九州論」
第3特集:新グラビアの女王登場!