ここから本文です

仕事が絶好調なのはパートナーのおかげ?

5/27(土) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:女性にとってもっとも大事な仕事上の決断は、結婚相手選びだと言うのは、FacebookのCOO、Sheryl Sandberg氏の言葉です。しかし、それが間違っている、あるいは半分しか正しくないことを示す新たな研究結果が出ました。どうやら、よい配偶者をもつことは、女性にも男性にも、仕事で成功するための最重要要因らしいのです。

良好な夫婦関係は、日々の生産性や自信に多大な影響をもたらす、ということは誰もが知るところです。しかし、セントルイスのワシントン大学が行った新たな研究で、配偶者の性格は、単に朝の気分を良くしたり悪くしたりといった問題ではなく、長期的には、キャリアに大きく影響することがわかったのです。

Joshua Jackson心理学教授が主導するこの研究は、5,000組の夫婦を5年にわたって追跡調査し、性格、そしてキャリアの成功指標として、収入や仕事への満足感に関するデータを集めたのです。さて、5年の歳月をかけて研究チームが導き出した結論とは?

「配偶者の性格は日常生活の多くの要素に影響を与えるが、それらは年月とともに集積、蓄積し、昇進や昇給に必要な多くの行動ができる力量を本人に与える」とJackson教授はコメントしています。

出世を助けてくれる最高の配偶者のタイプとは、データによると、まじめな働き者だそうです。そう言うと、つまり落ち着いたしっかり者の配偶者が家のことをきちんとこなせば、もう1人は外で仕事に精を出せる...と考える人もいるでしょう。しかし、研究者らは、勤勉な配偶者なら少ないストレスでより多くの家事がこなせる、というだけの話ではないと言っているのです。

Jackson教授の研究チームは、勤勉な配偶者は、良き手本としても、パートナーを支えていると結論づけています。自分が責任をもってタスクをやり遂げる手本を見せ、相手を促すのです。

尊敬する相手と結婚生活を続けている人は、当たり前のことだと思うかもしれません。しかしこの研究結果は、力量がありしっかりした配偶者がいかに貴重であるかを再認識させてくれます。独身の人は、 Sandberg氏のアドバイスに従い、注意深くパートナーを選びましょう。 結婚している人は、家に帰ったら、配偶者がプライベートの時間を幸せにしてくれるだけでなく、キャリアの成功をも助けてくれていることに感謝しましょう。

あなたのパートナーはこの調査の配偶者像に当てはまるでしょうか? 今晩帰宅するときに花屋さんに立ち寄って、感謝のしるしを贈りませんか?


Doing Great at Work? Thank Your Better Half|Inc.com

Jessica Stillman(訳:和田美樹)
Photo by gettyimages.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。