ここから本文です

これぞ車中泊ならぬ車上泊!ドライブ旅行に出たくなる『MINIクロスオーバー』用のルーフテント

5/27(土) 7:30配信

@DIME

MINIのコンパクトSUVモデル「MINIクロスオーバー(海外名:MINIカントリーマン)」のためのルーフテントが発売された。

【写真】これぞ車中泊ならぬ車上泊!ドライブ旅行に出たくなる『MINIクロスオーバー』用のルーフテント

自動車用ルーフテントのイタリアメーカーAutohomeは、MINIの屋根に取り付けられるように設計された二人用ルーフテントを、BMW MINIと共同開発した。Autohomeは自動車用のルーフテントの開発と製造に50年以上の経験を持ち、レジャー用途および探検のプロフェッショナルのために製品を提供している。ルーフテントは、新型MINIクロスオーバーのコントラストの効いたルーフとミラーキャップのカラーに合わせて、黒と白の二色が用意されている。

MINIのデザインチームと共同で設計されたルーフテントは、閉じていると普通のルーフボックスのように見えるが、空気抵抗と騒音を最小限に抑えるために、ガラス繊維製のハウジングと空気力学的なラインを備えている。

テントは使用する際に4つのガス圧スプリングによって持ち上がり、工具なしで簡単に組み立てられる。

またルーフテントは、新型MINIクロスオーバーに標準装備されているMINIルーフレールに取り付けることができる。

内部には、コットンカバー付き高密度マットレス、2つのドアと2つの窓(ジップ付き)、すべての開口部に細かい網目のモスキートネット、電池式のLEDライト、荷物用ネットとポケットが付いている。 MINIクロスオーバーの上のテントには、付属の頑丈なアルミ製ラダーで上っていく。

長さ2.1m、幅1.3m、高さ94cmのルーフテントは、大人二人がくつろぐに十分な空間を提供し、週末の小旅行から長期バカンスまで、アウトドアの冒険に最適なソリューションとなる。

2017年2月に英国で発売された新型MINIクロスオーバーは、ブランドの57年の歴史のなかでもっとも大型で汎用性の高いモデルだ。外形寸法が大きく、キャビンとラゲッジ・ルームの領域全体でスペースが増えているため、ゆとりある車内空間が長旅を快適なものとする。ルーフテントは、都会から田舎道、大自然へと自由に走る「究極のオールラウンダー」MINIのコンセプトをさらに強化するツールとなりそうだ。

文/三崎由美子

@DIME編集部

最終更新:5/27(土) 7:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント