ここから本文です

カーネギーメロン大学発、あらゆる家電を「スマート」にするセンサー

5/27(土) 18:10配信

WIRED.jp

自分の家をスマートホームにしたい。だが、スマート家電を新たに買い揃えるのはコストがかかるし、一つひとつの家電にセンサーを埋め込んでいくのは手間だ。そんな悩みを解決すべくカーネギーメロン大学が開発したのは、コンセントに挿すだけで部屋中の家電が「スマート」になる魔法のセンサーである。

コンセントに挿すだけで部屋中の家電が「スマート」になる魔法のセンサー

もしスマートホームを構築したいなら、選択肢は2つある。ほかのスマートデヴァイスと連携できるかわからないスマートデヴァイスをたくさん買い込むか、自宅の家電すべてにセンサーを組み込んでネットワークをつくるかだ。前者は費用がかさむし、後者は手間がかかる。しかし、そう遠くないうちに、3つ目の選択肢が登場するかもしれない。それはコンセントに差し込むだけで部屋中のものすべてを繋げられる、あるシンプルなデヴァイスを使用するというアイデアだ。

それこそが、状況に応じて変化するスマートホームを簡単につくり出すことを目指すカーネギーメロン大学のプロジェクト、「Synthetic Sensors」の考え方だ。2017年5月に開かれた大規模なカンファレンス「ACM CHI」で発表されたこの非常に小さなデヴァイスは、さまざまな種類の家庭用品をスマートデヴァイスへと変えるために必要な環境データをすべて集められる。現在のところまだ試作品だが、このデヴァイスによって証明されたコンセプトは非常に素晴らしいものだ。

このデヴァイスには、コンセントに差し込めばその部屋の目となり耳となる10個のセンサーが埋め込まれており、音や湿度、電磁波、人などの動き、光などの情報を記録してくれる (なお、プライヴァシーを理由としてカメラは除外された)。機械学習アルゴリズムが記録されたデータを元に、その部屋で起きていることを具体的に教えてくれる。たとえば、オーヴンの電源を切り忘れているかどうか、水漏れしている蛇口からどれだけの水が無駄になっているか、またはルームメイトがあなたのおやつをくすねたかどうかがわかるのだ。

研究者たちは「ユビキタスセンシング」というコンセプトを長い間探求してきたが、このコンセプトはNestやSen.se、Notionの製品によって家庭に導入され始めたばかりである。カーネギーメロン大学の研究者たちは、これらの企業と同様に繋がっていなかったデヴァイスを繋げようとしているが、いくつかのセンサーをひとつのデヴァイスに詰め込んでいる点で、さらに一歩進んでいる。それはまるでスマートホームの万能リモコンだ。「わたしたちの当初の疑問は、ある一カ所から本当にすべての物事を感知できるのか、ということでした」と、研究主任のジエラ・ラプットは話す。

その答えは「イエス」だった。実際のところ、センサーはかなり小型で高性能だったため、データ収集は難しくなかった。むしろ、そのデータをうまく活用するほうが難しかったのだ。ラプットは、そのデータをつかって人々が住環境についてもっている疑問(毎月どれくらいの水を使っているかなど)に答えたり、家のセキュリティ状況を監視したりできるようにしたかったが、まずはそのデータを関連性のある情報に置き換えねばならなかった。「平均的なユーザーは、自分のコーヒーメーカーから放出されるEMIのスペクトログラムに興味があるわけではありません」とラプットは言う。「彼らが知りたいのは、いつコーヒーの準備ができたか、なのですから」

1/2ページ

最終更新:5/27(土) 18:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc