ここから本文です

今季リーガ「最高」「最悪」の新加入選手は? スペイン紙読者アンケートで選出

5/27(土) 11:15配信

Football ZONE web

圧倒的な得票数を集めたFWモラタ、2位を大きく引き離す

 今季のリーガ・エスパニョーラはレアル・マドリードが5シーズンぶり33度目の優勝で幕を閉じた。今季、チームの浮沈を握った新加入選手について、スペイン紙「マルカ」は読者アンケートを実施。「最高」「最悪」の新加入選手をそれぞれリーガ全体の中から選出している。果たして名誉を受け、屈辱にまみれた選手の名は――。

【写真特集】Jサポの“新たな女神”! 美人キャスター厳選フォトギャラリー

 まずは「最高の新加入選手」だ。MF乾貴士が所属するエイバルの躍進を支えたMFペドロ・レオン(得票率2%)、ACミランで日本代表FW本田圭佑の前に背番号10をつけていたものの、今季からラス・パルマスに加入したガーナ代表MFケビン=プリンス・ボアテング(4%)らが名を連ねるなかで、圧倒的な得票数を集めたのはレアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタだ。

 モラタは今季、ユベントスから買い戻しオプションで古巣に復帰。「BBCトリオ」(カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)の存在によって出番が限られるなか、リーガ得点ランキング7位、チーム内2位となる15得点と高い得点力を見せつけた。レアルびいきで知られる同紙のアンケートだけに支持率も圧倒的で、2位のバルセロナDFサムエル・ウムティティの30%を大きく引き離す47%でトップに立った。

 一方で「最悪の選手」の1位はポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(53%)、2位はスペイン代表FWパコ・アルカセル(21%)、3位はフランス代表DFリュカ・ディーニュとバルセロナ勢3人が並んだ。ゴメスはMFアンドレス・イニエスタやMFセルヒオ・ブスケツらが並ぶ中盤に厚みをもたらす存在として期待され、アルカセルは看板3トップのバックアッパー、ディーニュは左SBの二番手として加入も、3人とも結果を残せずスケープゴートにされた印象が強いが、読者投票でも同様の意見が反映された模様だ。

「最高と最低の新加入選手」一覧

■最高の新加入選手
47% アルバロ・モラタ(レアル・マドリード/FW) 
30% サミュエル・ウンティティ(バルセロナ/DF) 
11% サンドロ・ラミレス(マラガ/FW) 
4% ケビン=プリンス・ボアテング(ラス・パルマス/MF) 
3% フロリン・アンドーネ(デポルティボ) 
3% ディエゴ・ロペス(エスパニョール/DF) 
2% ペドロ・レオン(エイバル/MF) 
1% セルヒオ・レオン(オサスナ/FW) 
1% ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ/FW) 

■最悪の新加入選手
53% アンドレ・ゴメス(バルセロナ/MF) 
21% パコ・アルカセル(バルセロナ/FW) 
9% リュカ・ディーニュ(バルセロナ/DF) 
5% ニコラス・ガイタン(アトレチコ・マドリード/MF) 
4% ガンソ (セビージャ/MF) 
3% マルティン・デミチェリス(エスパニョール→マラガ/DF)
2% ルシーアノ・ビエット(セビージャ/FW) 
2% ロマン・ゾズリャ(ベティス/FW) 
1% アダルベルト・ペニャランダ(マラガ/FW)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/27(土) 11:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新