ここから本文です

ピケ節健在! 宿敵クラブとレフェリングに皮肉 リーガ優勝には「レアルと同レベルでは不十分」

5/27(土) 14:40配信

Football ZONE web

27日に国王杯決勝アラベス戦、バルセロナDFピケが前日会見に出席

 バルセロナは今シーズン最後の公式戦となるスペイン国王杯決勝アラベス戦に現地時間27日に臨む。その決戦を前にバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが前日会見に臨んだが、リーガ優勝を果たした宿敵レアル・マドリードとレフェリングに皮肉を込めるなど、相変わらずの“ピケ節”を披露したとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 アラベス戦は2014年からチームを率いたルイス・エンリケ監督のラストゲームとなるなか、ピケは指揮官に感謝の意を示している。

「彼はバルサの歴史上においてベストの監督の一人だよ。別のタイトルを勝ち取りたいと思っている。記者の人たちは彼との関係がベストではなかったとしているけど、彼はドレッシングルームで自分たちが勝つために全てを捧げてくれた」

 ピケらしさが全開となったのはレアル批判の時だった。「僕は自分たちが戦うファイナルについて集中している。それと同時にベストチームがチャンピオンズリーグの決勝に勝つと思っている。僕はユベントスに勝ってほしいというのは皆さん知っているだろう」と自ら切り出し、このように続けたという。

VAR導入切望「言い訳できなくなる」

「何が起こっても、この12カ月間で起きたことが変わることはないよね。レフェリーの影響を受けていた。だけどレアル・マドリードは勝利した。僕は来季からVAR(ビデオ判定)の導入につながることを願っているよ。VARは審判にプレッシャーをかけるし、一切の言い訳ができなくなるからね」

 ピケは今季、レアルが判定に救われているとの旨のツイートを何度も繰り返していた。また「リーガを制するためには、レアルよりはるかに優れていないといけないね。レアルと同じレベルでは不十分だ」ともピケは語った。その舌鋒の鋭さは最後までブレなかったが、国王杯制覇で留飲は下がるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/27(土) 14:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新