ここから本文です

U-20日本代表が序盤4分間で痛恨2失点! 若きアズーリに大苦戦、決勝T進出に暗雲

5/27(土) 20:18配信

Football ZONE web

前半早々の3分と7分に失点、日本は厳しい立ち上がりに

 U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会で、U-20日本代表は第3戦のイタリア戦に臨んだが、開始序盤の4分間で2失点を浴びる苦しい展開となった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 日本は21日の初戦南アフリカ戦でFW小川航基(ジュビロ磐田)、MF堂安律(ガンバ大阪)のゴールで2-1と逆転勝利を飾ったが、24日の第2戦ウルグアイ戦では相手の試合巧者ぶりに0-2と完敗し、グループ3位に転落。ウルグアイ戦ではエースFW小川が左ひざ前十字靭帯断裂の重傷を負って離脱。その小川の代役としてFW田川亨介が先発起用され、FW久保建英はここまでの2試合と同様、切り札としてベンチスタートした。また、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、市丸瑞希(G大阪)、遠藤渓太(横浜F・マリノス)といった面々も先発起用し、総力戦で必勝態勢を敷いた。

 今大会初めてブルーの戦闘服に身を包んだ日本だったが、前半3分にいきなり先手を取られる。日本の右サイドの裏をFWファビッリに抜けられると来季ユベントスへの加入が決まっている得点源FWオルソリーニに鮮やかなボレーを叩きこまれ、早々に0-1とされた。

 その4分後の同7分、今度はゴール正面やや右サイドのイタリアFKで、キッカーはユーベ所属のマンドラゴラが務めるとトリックプレーで背後にパスを出され、抜け出したパニーコに決められ0-2。日本にとっては、非常に厳しい立ち上がりとなった。

 勝利すれば2位以内で決勝トーナメント進出、引き分け以下でも3位で16強進出の可能性が残るなかで、若きアズーリの実力を見せられた日本。ここから反撃することはできるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/27(土) 20:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新