ここから本文です

いつもの服がおしゃれ度2割増し。“濡れヘア”、始めましょ♪

5/27(土) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

近頃おしゃれな人のウェットヘア率が急上昇! ちょっと真似してみたいけど、何を使ってどれくらい濡らすべきなのかわからない……という人も多いのでは?
ちょうどいい感じの濡れ具合に仕上げるウェットヘアをマスターすれば、普段の服やメイクがもっといい感じに♪

話題の“濡れヘア”で梅雨どきの髪型もおしゃれに乗り切る!

■どれくらいの濡れ具合がおしゃれなの?

【ウェット不足】ちょっと濡らしたぐらいじゃ、髪を乾かす時間が足りなかった人みたい。ウェットヘアにするなら、さりげなさより「おしゃれにスタイリングしてる感」がほしい!
【ウェットすぎ】髪の根元にスタイリング剤をつけて濡らしすぎてしまうと、ペシャッとボリュームのないヘアに……。脂ギッシュに見えるおそれもあるので要注意!
【ちょうどいいウェット】ほどよく濡れているけれど、べったりせずに、全体に軽やかな動きのあるウェットヘアはまさに今の気分。表情をいきいきとフレッシュに見せる効果も!

■軽やかな動きの出るウェットヘアを目指して!

髪の質感ひとつで、その人の印象も大きく変わるもの。ベーシックな服やメイクを今年っぽくあか抜けたムードで見せたいなら、ぜひウェットヘアにトライ!

撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/吉田沙世 原文/小川由紀子 文/前野さちこ