ここから本文です

2週間でウエスト-9.5cm!2週間で結果を出す糖質オフダイエットのコツ

5/27(土) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」6月号では、糖質オフダイエットにチャレンジしたマキアビューティーズの2週間ルポを大公開。

ダイエットの新常識「食べ痩せ」の鉄則

< マキアビューティズが挑戦! >

<< 糖質オフ2週間ルポ >>
麻生れいみさん自身も実践して20kg痩せた糖質オフダイエットにチャレンジ。わずか2週間で本人も驚きの結果が!


< 糖質オフダイエットルール >
1週間の「導入期」で断糖してケトン体回路をまわしたら、1食あたり糖質20gで過ごす「減量期」で目標達成を目指す。達成後は1食あたり糖質40g以下の「維持期」でキープ。

『 麻生れいみ式ロカボダイエット 』
糖質断ちする1週間の完コピレシピつき。「糖質は元カレと同じ」という名言も! ¥1300(ワニブックス)


◆ マキアビューティーズ Name.石井里奈

Before
職場には甘いおやつを常備し、人生でMAX体重更新中。ヨガをしていてお腹のお肉が邪魔になったり、夜中に小腹が空いて目覚めることもある。

<体重>
54.5kg←57kg 結果-2.5kg

<体脂肪率>
19.5%←20% 結果-0.5%

<ウエスト>
71.5cm←81cm 結果-9.5cm

After
体重、ウエストともに大きくサイズダウン! 「昼に眠気を感じないし、胃の張りや肌荒れも改善。お腹や顔の邪魔なお肉も消え去りました!」


<< 実践のコツ >>

【 教えてくれたのは・・・ 】
★ 管理栄養士 麻生れいみさん ★
約6000人を指導してきたケトン体質ダイエットコーチ。著書に『20kgやせた!作りおきおかず』など。


Q1 夜、小腹が空いたときの対処法が知りたい
A < たんぱく質やホット豆乳でのりきって >

「安眠を誘うホルモン『メラトニン』を作る『セロトニン』はたんぱく質が原料なので、ゆで卵や枝豆は常備すると便利。MCTオイル+ホット豆乳も満足感あり」(麻生さん)


Q2 調味料で意識することは?
A < シンプルな味つけを心がけて >

「白砂糖やみりん、料理酒、ドレッシングやソース、めんつゆなどは糖質たっぷり。マヨネーズは唯一OKですがカロリーオフタイプは糖質を多く含むのでNG。食材の味を楽しんで」(麻生さん)


Q3 ダイエットにいい味つけってある?
A < だしのうまみをフル活用! >

「うまみに対する感度が低いと、甘み嗜好が強まって肥満になりやすい可能性が。きのこ類や昆布、かつお節などは組み合わせればうまみも倍増!」(麻生さん)

【 おすすめitem 】
化学調味料・保存料 無添加 茅乃舎だし8g×30袋入 ¥1800/久原本家 茅乃舎 無添加の削り節ブランド「ぬまづの、おだし」でとくにうまみの強い2品。さばの、お粉、あじの、お粉 各¥250/加倉水産


Q4 糖質が欲しくてイライラ…
A < 糖質中毒かも。まずは1週間だけ我慢 >

「炭水化物や甘いものを摂らないと落ち着かない、イライラする人は糖質中毒かも。1週間きっぱり断てば徐々に体が慣れてきます。その後は、糖質オフデザートで補給を」(麻生さん)


Q5 疲れて自炊できないときは何を買えばいい?
A < 鶏胸肉には疲労回復物質がたっぷり >

「サラダチキンや魚の塩焼き、カット野菜、チーズ、ゆで卵、納豆などを組み合わせれば、ワンプレートメニューの完成。とくに鶏胸肉は疲労回復物質が多く含まれます」(麻生さん)