ここから本文です

柏が7連勝で暫定首位に!大宮に先制許すも怒涛の4ゴールで逆転勝ち

5/27(土) 17:24配信

SOCCER DIGEST Web

開始直後に先制点を奪われたが、その後は大宮を圧倒。

[J1リーグ13節]柏4-2大宮/5月27日/柏
 
 6連勝と好調を維持する2位の柏は、A代表に初選出されたGK中村航輔が先発。一方、前節のC大阪戦に敗れ、再び最下位に転落した大宮は、ネイツ・ペチュニクが3節の磐田戦以来となるスタメン出場を果たした。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

 開始直後にいきなり試合が動く。2分、茨田陽生のCKが柏DFに当たりファーサイドに流れたボールを河本裕之が頭で合わせて、大宮が先制点を奪う。
 
 柏は11分、伊東純也の右クロスに中川寛斗が頭で合わせるが、クロスバーに嫌われ得点には至らない。27分、ペナルティエリア付近で大谷秀和、伊東、クリスティアーノが細かいパスワークからチャンスを作るも大宮DFに防がれる。
 
 その後も柏の猛攻は続く。29分には手塚康平のCKを鎌田次郎がニアで合わせるが枠に飛ばすことはできない。35分にも混戦からボールを奪った手塚がループで狙うも惜しくも外れる。
 
 迎えた39分、左サイドからのアーリークロスを大宮のGK塩田仁史が目測を誤りファンブルする。こぼれ球を伊東が押し込み、柏が同点に追いつく。
 
 大宮はセットプレーから幸先よく先制したものの、その後は柏にボールを保持される苦しい展開が続いた。前半は1-1で終了した。
 
 後半に入り55分、柏は右からのCKに伊東が右足のボレーで合わせるがGK塩田に防がれる。しかし59分、伊東の右からの絶妙のクロスに武富孝介が思い切りよく飛び込み逆転に成功する。
 
 さらに64分には、手塚のFKからクリスティアーノが頭で合わせたボールを再び武富が押し込み3点目。67分にも武富とのパス交換から抜け出したクリスティアーノが、左足のシュートを突き刺しリードを広げる。
 
 ゴールがほしい大宮は、65分にマテウスに代わり大前元紀、67分にはN・ペチュニクを下げ大山啓輔を投入する。69分、瀬川祐輔が思い切りのよいミドルシュートを放つが枠を捉えることはできない。
 
 80分、大宮は金澤慎に代え岩上祐三を投入し交代カードを使い切る。85分、左サイドでボールを収めた大前が中につなぐと、瀬川が右足で狙い澄ましたシュートを右隅に決め、2点差に詰め寄る。
 
 試合は4-2で終了。柏は7連勝で勝点を27に伸ばし、G大阪を抜いて暫定で首位に浮上した。一方、大宮は先制したものの、相手にペースを握られ4失点。最下位脱出はならなかった。

最終更新:5/27(土) 18:33
SOCCER DIGEST Web