ここから本文です

『1984年のUWF』に前田日明が反論 UWFキーマンたちのインタビューが話題

5/27(土) 7:30配信

Book Bang

 5月23日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『九十歳。何がめでたい』が獲得した。
 第2位は『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』。第3位は『がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事』となった。

 4位以下で注目は7位にランクインした『証言UWF 最後の真実』。1984年に創立した第一次UWFから新生UWFまで、関係したレスラー及び関係者17名に直接話を聞いた証言集だ。1月に出版され大きな話題となっった『1984年のUWF』柳澤健[著](文藝春秋)への前田日明からの反論が掲載されていることでも注目を集めている。前田日明、藤原喜明、安生洋二、船木誠勝、田村潔司らレスラーのみならず、新間寿、上井文彦、尾崎允実、ターザン山本ら当時のキーマンたちの証言も取っており、男たちの葛藤や内紛の様子が如実に伝わるインタビュー集となっている。

1位『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子[著](小学館)

『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。(小学館ウェブサイトより抜粋)

2位『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』田中圭一[著](KADOKAWA)

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック! (KADOKAWAウェブサイトより)

1/2ページ

最終更新:5/27(土) 7:30
Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)