ここから本文です

カネを使わず1泊2日温泉旅行に挑戦! ヒッチハイク&野宿、無料温泉のなかには混浴も

5/27(土) 16:00配信

週刊SPA!

 休日は思いっきり遊んで、日々の溜まりに溜まったストレスを発散させたい! が、財布に余裕はないという人も多いはず。そこで、カネを使わずに休日を満喫する方法を探してみた。

⇒【写真】極寒の中の野宿

◆カネを使わず、1泊2日温泉旅行に記者が挑戦!?

<ツアー行程ヒッチハイク>

ヒッチハイク

 ↓

サービスエリアでタダ飯

 ↓

草津温泉で入浴

 ↓

野宿

 男性ライター2人が、『野宿野郎』かとうちあき氏のアドバイスを参考に、ヒッチハイク&タダ飯&野宿の無銭旅行に挑戦! 目指すは群馬県の草津温泉だ。

「ヒッチハイクでは、ザックリした行き先を段ボールに書いて見せると止まってくれやすいです。場所は目的地に向かう高速道路の入り口付近がいいですよ」(かとう氏)

 ということで関越道の入り口近くで挑戦開始!が、やはり簡単には止まってくれない。若い女性が笑ってくれて喜んでいると、相方のライターは「バカにされてるだけッスよ」と機嫌が悪く、早くも仲間割れ。1時間近く経過し絶望していたところ、おじさんが止まってくれた! 家は近所で群馬に行く予定はなかったのに、「ドライブ好きだから」と拾ってくれたそう。なんていい人だ!

 乗車中は「話が盛り上がればご飯をおごってくれる人もいます!」と言うかとう氏の話を思い出し、おじさんの安倍政権への文句を熱心に聞く2人。するとSAで「ハラ減ってるだろ?」とおごってくれた! 我々を貧乏学生と勘違いし、群馬県渋川市まで送ってくれたおじさん。

「大人になったら同じことをして恩を返します!」と誓い下車した。実は30代の大人だけど、感謝の気持ちは本物ッす!

 そして渋川市では20代のお兄さんが乗せてくれた。この方は一度通り過ぎた後、引き返してきてくれたそう。世の中、本当にいい人っているんだなと感動……。

 そして現地では無料温泉の「白旗の湯」へ。体も芯まで温まれたが、草津は雪も残る寒さだったので温泉も一緒に入ったお兄さんに高崎市まで送ってもらい、野宿へ。

「コンビニで貰った段ボールを連結させ、中に入れば寒さはしのげます。花見で捨てられたブルーシートやゴミ箱の新聞紙も使えますよ。念のため寝袋と銀マットも持っていけば万全です」(かとう氏)

 が、決行日は異様な寒さで、段ボールも小さなものしか調達できない誤算も。野宿向きの静かな公園は見つけられたが、寒さはどうにもならず、深夜1時には奥の手の寝袋にイン。何とか眠りにつけた。「これからの季節、野宿には最適の時期です。蚊が多く、浮かれた若者も多い夏より快適です」(かとう氏)とのこと。

<無料温泉リスト>

●北海道 からまつの湯

緑と川のせせらぎが気持ちいいロケーションが最高。有志がきれいに管理しており、底の玉石まで見える無色透明の湯も美しい。北海道標津郡中標津町。24時間無料。混浴。冬季休業

●秋田 川原毛大滝湯

自然の渓流や高低差20mの滝がそのまま温泉になる大秘境の湯。冬場は雪のため周囲が通行止めになり、入浴可能なのは夏季の日の出~日没のみ。混浴。要水着着用。秋田県湯沢市

●岐阜 荒神の湯

昼間は川の流れと北アルプスの景色を望める温泉。夜10時頃まで入浴が可能で、暗くなった時間は満点の星空も楽しめる。寸志200円での利用が望ましい。男女別。岐阜県高山市

●三重 せせらぎの湯

三重県菰野町役場の隣にある公共の混浴露天風呂。プールのような雰囲気だが本格派の掛け流し温泉だ。今年は4月17日~11月30日の営業で、利用時間は12~17時。要水着着用

●鹿児島 目の湯

標高600~850mの霧島連山に点在する霧島温泉郷・最古の岩風呂。自然探勝路の奥にあり、野湯とは思えない透明の湯が湧いている。無人温泉で脱衣所などもなし。鹿児島県霧島市

【かとうちあき氏】

’80年、神奈川県生まれ。『野宿野郎』編集長。法政大学社会学部卒。人生をより低迷させる旅コミ誌『野宿野郎』編集長兼発行人。『野宿入門』(草思社文庫)など野宿に関する著書多数

― タダで休日を満喫してみた ―

日刊SPA!

最終更新:5/27(土) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた