ここから本文です

平野レミ ユニークレシピの名前は夫のアイディアがきっかけ

5/28(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 ブロッコリーを丸ごと使う豪快さ、コーヒーをご飯に入れちゃう斬新アイディア…。お茶の間を賑わし続ける平野レミさんの料理。“お騒がせ料理人”“放送事故”なんて言われるけれど、食べればそのおいしさにビックリすること間違いなしだ。

 NHK『あさイチ』の生放送で、立てた丸ごとのブロッコリーが倒れ“放送事故”と話題となったこともある。撮影日、テレビの生放送の時とまったく変わらず、レミさんは超スピードでどんどん料理を作っていく。

「ブロッコリーってさ、いつも小房に切られてかわいそう。だから敬意を込めて丸ごと使ったの。料理は冒険。味も見た目もワクワクしないと!」

 撮影中、ブロッコリーは伝説同様転倒したが、おかまいなし! まさに“冒険”のような料理が始まった。

「“食べればコロッケ”は、唱ちゃん(長男)が子供の頃、“コロッケ食べたい!”って急に言い出して閃いた料理。“ごっくんしたらコロッケだ!”ってとても喜んでくれたの」

 この“食べればコロッケ”は、千切りキャベツの上に茹でて潰したジャガイモを乗せ、炒めたひき肉とタマネギを乗せたもの。これに中濃ソースをかければ「食べればコロッケ」というわけ。“にんじんまるごと蒸し”も、にんじんが苦手な子供達が楽しく食べられるよう生まれた。テレビで紹介したところ、マツコ・デラックスは「おいしい!」と、2本も平らげた。

 ネーミングの遊び心は夫である和田誠さんから教わった。

「キャベツにゆで豚をのせたら、和田さんが“キャベツ畑に豚が眠っているみたいだね”って“豚眠菜園”と名付けてくれました。それから私もユニークな名前を考えるようになったのよ」

 和田家には渥美清、坂本九、武満徹など多彩な客が集った。赤塚不二夫は、餃子の具に皮をのせた“食べれば水餃子”を「こりゃ~怠慢だね!」と言い、そこから本格中華さながらに漢字を変えた“台満餃子”が誕生したという。

 次男の妻で食育インストラクターの明日香さんは、嫁ぐまでキャベツとレタスの違いも分からなかったと話す。

1/3ページ