ここから本文です

内藤剛志の誕生日を共演者がサプライズでお祝い!

5/28(日) 6:00配信

ザテレビジョン

放送中のドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)で主人公の捜査一課長・大岩純一を演じる内藤剛志が、5月27日に62歳のバースデーを迎え、撮影現場で共演者とスタッフからサプライズで祝福を受けた。

【写真を見る】共演者やスタッフからのプレゼントもらい、内藤も大感激!

サプライズは、内藤の「必ずホシ(真犯人)を挙げる!」と捜査員たちに発破をかける捜査会議が行われる大会議室で敢行。斉藤由貴、田中圭、金田明夫、矢野浩二、鈴木裕樹、矢柴俊博をはじめとする総勢50名の捜査員役キャストたちがクラッカーを手に内藤の到着を待ち構えた。段取りの説明でも斉藤らは入念に確認する熱の入れようで、キャスト陣の仲の良さが伺えた。

そして、午後の撮影がスタートする直前、スタッフに案内された内藤に、中から「内藤剛志さん、お誕生日おめでとうございます!」というスタッフの声が。内藤が捜査本部の扉を開くと、斉藤らキャストたちがクラッカーを一斉に鳴らしながら笑顏で迎え入れ、代表して斎藤から大きな花束が手渡された。

さらに、ドラマにちなんだ特製バースデーケーキも登場。星型の特大ケーキには、大岩おなじみのせりふ「必ずホシを挙げる!」にちなんで星を頭上に両手で持ち上げた内藤の姿が描かれたプレートが飾られ、内藤は「すごいな~! ありがとう!」と大喜びした。

温かい祝福を受けた内藤は、「視聴率がわかる金曜日の朝は毎週、胃が痛くなりますが、皆さんの評価が気になる作品にこの歳で関わっていられるなんて、最高の人生だと思います!」と改めて感謝を込め、捜査一課長さながらにあいさつ。

続けて、「できれば来年もここで僕がしゃべっていること、つまりシーズン3があることを祈りたいと思います。来年もここでお会いしましょう!」と力強く宣言し、さらなる意欲を燃やしていた。

■ 第7話(6月1日放送)あらすじ

ゴムボートに載せられたスーツ姿の男性の遺体が、羽田沖で発見された…! 運転担当刑事・刑部公平(田中)と共に現場に駆けつけた捜査一課長・大岩純一(内藤)は、後頭部に鈍器で殴られたような痕があるにもかかわらず、ボート内の血液の量が少ないことに気づく。

犯人は被害者を別の場所で殺害し、ボートに載せて遺棄したのか…!? それとも被害者が自分でボートに乗り込み、漂流物に頭を打ちつけ、何らかの拍子に血液が海に流れ出したのか…!? その直後、ボートの中にあったアタッシェケースの中から3000万円の現金が見つかり、ますます謎は深まっていく。 

まもなく、被害者は女性用のバッグブランド“ニコタマバッグ”で経理担当役員を務めていた重森悠介(佐伯新)と判明。重森は1カ月前に“ニコタマバッグ”を自主退職していたことがわかる。 

“ニコタマバッグ”本社を訪ねた平井真琴(斉藤)は、社長室の窓ガラスが割られ、何者かが侵入した形跡があることを発見。連絡を受けて慌てて出社した社長・仙道香奈恵(大地)によると、金庫内にあった3000万円が消えているという。

3000万円を盗みだした重森がボートに乗って逃走し、その途中に事故死したのでは…!? そんな見方が強まる中、真琴は香奈恵と副社長・飯窪佐和(藤吉)が険悪な様子だったのが気になって…!?

最終更新:5/28(日) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円