ここから本文です

FES☆TIVE・ひなりん、こっとんに“シンデレラバスト”を公開する?

5/28(日) 9:00配信

ザテレビジョン

FES☆TIVEの青葉ひなり、鈴木ことねがグラビア誌「Cream(クリーム)」(メディアックス)2017年6月号の表紙と裏表紙に登場。5月27日、東京・書泉グランデで発売記念イベントが開催された。

【写真を見る】ひなりんの“シンデレラバスト旋風”に対抗して、こっとんは“くびれ旋風”!?

前回より多くのファンが詰め掛けた今回のイベントでは、じゃんけん大会や握手会などを実施。

イベント後、2人が撮影でのエピソードやグラビアの注目ポイントなどを話してくれた。

――まず、今回のイベントの感想をお聞かせください。

鈴木:最初は緊張してて、挨拶とか2人ともめっちゃガチガチだったけど、ファンの人と話していくうちに緊張も解けて、楽しくできました。

青葉:私は今回、あんまり緊張しなくて、前回の時の方が緊張してたなって。この前、写真集のイベントもあったので、だんだん慣れてきたのかなって思いました。

――普段からライブでファンの方と触れ合ってると思いますが、今回は少し違いましたか?

鈴木:違いましたね。私たち2人のために、来てくれたっていう方たちだったので。あと、普段はイベントとかでFES☆TIVEを見て、それでFES☆TIVEのライブに来てくれるっていう人ばかりだと思うんですけど、今日はFES☆TIVEを知らない人もいたよね?

青葉:知らない方も、結構来てくれてました。

鈴木:『はじめまして』っていう感じの方が多かったから、ビックリしましたね。あと、一眼レフでファンの方に撮ってもらうっていう機会があまりないので、それもすごい新鮮でした。3ショットとかも、なかなかないし。

――新たな経験でしたね。水着のグラビアは今回で2~3回目だと思いますが、撮影の時は緊張しましたか?

青葉:緊張しました。水着ってどういうポーズを取ればいいのか分からなくて…私は水着のグラビアとかあまり見ないし。女の子の水着とか、恥ずかしくて見られないんですよ。自分の好きなアイドルが水着になってるのをあまり見たくないというか、見られないタイプなんです。だから、他の人がどういうポーズをしてるのか分からなくて(汗)。水着を手で隠しちゃダメだし、手の置き場所に困りますね。今日はこっとんと一緒のイベントで、撮影の時もだったんですけど、こっとんでも水着だから緊張します。こっとん、めっちゃ積極的に来るけど、私はめっちゃ緊張してて。「こっとん、めっちゃ近い! ヤバい!!」と思って。

鈴木:私も近いのが恥ずかしかったんですけど、この撮影で慣れましたね。

青葉:水着で密着するのが、めっちゃ恥ずかしくて。

鈴木:分かる! けど、今回のおかげで青葉ちゃんとは慣れた!

青葉:ずっと隠してたけど、撮影の時めっちゃドキドキしてた。水着の女の子が、ドキドキします。急に裸になった!みたいな。

――その辺、鈴木さんはあまり気にならないですか?

鈴木:ちょっと気になるけど、やっぱり求められてる事をやろうっていう気持ちです! 推しの(アイドルの)水着グラビアを見て可愛いなって思うんですけど、ポーズの難しさってあると思うんですよね。水着だけど奇麗に見える、自然なポーズっていうのがいいんですよ。私が推しを見てる時は、そう思ってますね。そういうのを、どうやったら出せるんだろう?、難しいなって、いつも感じてます。

――今日はマリンルックという、水着的な衣装でのイベントでしたが、ファンの方から何か嬉しい事などは言われましたか?

鈴木:みんな、わりと自然でした。『水着じゃない』みたいな感じで来て、帰っていくから(笑)。『意外と細いね』って言われたよね?

青葉:言われた。スタイルを褒められると嬉しいですね。でも、水着についてはそんなにだったよね?

鈴木:そんなに水着に対して言われたりはしなかったけど、こういう普段と違う感じのイベントにも足を運んでくれてるっていう事実が嬉しかったです。

――水着に対しては、ファンの皆さんも言及しにくいっていう部分もあるんでしょうね。

鈴木:向こうも照れてるのかもしれないですね。

青葉:逆に、水着には触れられないみたいな?

――今回は水着でしたが、「今後、こんなグラビアをやってみたい!」っていうのはありますか?

鈴木:今まではスタジオでの撮影だったので、海とかプールとか、太陽の下でやってみたいですね。自然なのが好きなんですよ。

青葉:風になびいてるグラビアがいいです! “風の谷の青葉”みたいな!! 自然の空気を浴びながらのグラビアみたいなのを撮られたいですね。

――海や山とかですね。

青葉:そうです! 爽やかセクシーお姉さん!!

鈴木:爽やかって大事!

――では、今回のグラビアではどんなところを見てもらいたいですか?

鈴木:水着のグラビアって面積が少ないから、その時の自分がもろに出ると思うんですよ。

青葉:体型はその時によって違うから。現在の青葉がこれだよ!っていう感じ?

鈴木:証を残せる!みたいな部分もあると思います。普段は、絶対に見せないような姿なので。

青葉:今回はポーズを指定してもらったので、セクシーというか、普段は絶対にやらない寝そべってるところとかあって、いつもと違う姿を見られると思います。

鈴木:たくさん指定してもらっちゃったから、私たちももっといろいろできるように(いろんなグラビアを)見ていこうって考えたりしましたね。

青葉:個人的な注目ポイントは、私は緑ってあまり着ないんですよ。普段の私服でも…あっ、今日着ちゃってる(笑)。でも、本当に着なくて。1番似合わない色だと思ってるんですよ。でも、今回は黄緑の水着を着て、いつもと雰囲気違うかなって。あと、今回のテーマがメロンパンなんですよ。頭に黄色のリボンを着けて、水着が黄緑で“メロンパン青葉”に注目してもらいたいです。

――“シンデレラバスト”(貧乳)については、アピールしなくて大丈夫ですか?

青葉:今回はやっぱ“シンデレラバスト”が強調された水着になってると思うんですけど、写真を見れば“シンデレラバスト”っていうのが分かると思うので、“シンデレラバスト”マニアの方にはお薦めです。これで“シンデレラバスト旋風”を起こしたいなって思います! さっき、こっとんに“シンデレラバスト”を公開したんだよね?

鈴木:公開された! なんか『見せるよ』って言われた。

青葉:今日の“シンデレラバスト”は結構レベルが高かったよね? 今日は本当に少年だったよね!?

鈴木:うん。何でこんな同意を求められるんだろう??

青葉:今日は少年でした! 少年ボディーでした!!

――鈴木さんは、その辺を売りにしてないんですよね?

鈴木:“シンデレラ”ですか? 少年ではない、1番微妙なやつなんですよ。でも、お腹はめっちゃ鍛えてるので、いつでも見せられるようにしています! お腹を売りにしたいですね。“シンデレラ”に対抗して、私も“お腹旋風”とか“くびれ旋風”を巻き起こしたいと思います!

――“シンデレラバスト”に対抗して、何か名前を付けてみますか?

青葉:BW(ビューティー・ウエスト)とか?

鈴木:うーん…今度までに面白いの考えます。次回のグラビアまでには!

最終更新:6/6(火) 19:26
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円