ここから本文です

フルーツ×日本酒!フルートリートの「2nd season」がスタート

5/28(日) 13:59配信

東京ウォーカー

2016年、秋田で産声をあげた「フルーツ」×「日本酒」の定期購入サービス「Fruitreat(フルートリート)」。いちごに合わせるための「いちご専用日本酒」を発表すると即完売し、内閣府「ふるさと名品オブザイヤー」部門賞を受賞するなど、「1st season」は多くの話題を呼んだ。冬が明けて新緑の美しい季節になり、「2nd season」が6月3日(土)から先行販売される。

【写真を見る】秋田産の旬のフルーツと美酒王国秋田県の同じ土と水でできたお酒の組み合わせ

秋田産の旬のフルーツと、美酒王国秋田県の同じ土と水でできたお酒とを組み合わせにして、定期通販する日本初のサービス。「1st season」では「シャインマスカット」×「ひやおろし」や「桃」×「純米吟醸」、「洋梨」×「生」といった組み合わせがあった。

スタートが間近の「2nd season」は、月に一度の旬美体験を継続的に楽しむ「Fruitreat for me」(税別・送料別4300円/月)と、大切な人へのギフトとして旬美体験を届ける「Fruitreat for you」(5000円~商品により異なる)の2つのライン構成となる。

「Fruitreat for me」は自宅向け個性的な果物とそれに合うお酒の組合せ、「Fruitreat for you」は贈答用の果物とそれに合うお酒の組合せとなっている。

「Fruitreat for me」の毎月の内容は前月に予告され、「Fruitreat for you」は、ギフトに相応しい商品が用意された都度に、不定期に販売する形となる。

「Fruitreat for me」は、6月3日(土)から申込可能。初回となる7月のフルーツは「ブルーベリー」で、完熟・大粒・無農薬が特徴。国内航空会社のファーストクラス機内食にも採用されている品となっている。また、6月15日(土)までの先行申込期間中に申し込むと、初回分が300g(3パック)から400g(4パック)に増量される。

フルーツと日本酒のマリアージュを、存分に楽しんで。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:5/28(日) 13:59
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展