ここから本文です

新木優子、小栗旬&西島秀俊との〇〇で“オトナの世界”を初体験

5/28(日) 9:00配信

週刊女性PRIME

「先日、コーチの秋冬コレクションに呼んでいただいて、初めてニューヨークに行きました。私は味の濃い食事が好きなので、ステーキとか食事はすべて美味しいし、いろんな国の方々がいて刺激的。あと、建物がすごく大きくて入り口の扉ひとつでも日本より5倍くらいに感じて。何か小人になったような気持ちになりました(笑)」

【この記事のすべての写真を見る】

 ファッション誌『non-no』で専属を務めるなどモデルとしても注目を浴びる女優の新木優子(23)。ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系 火曜夜9時~)では、公安機動捜査隊特捜班の捜査員・大山玲を熱演中。本格的なアクションにも初挑戦している。

「スポーツはやってなかったんですけど、筋トレは好きで高校生のときに毎日100回腹筋していた月もありました。腹筋を割りたかったんですよ(笑)。でもダメで、いま思うと食生活から変えなければいけなかったのかな、と。

 今回、フィリピンの伝統武術“カリ”というのを教えていただいたんですけど、もっといろんな武術に挑戦して、またアクションをやってみたいです」

 主演の小栗旬や西島秀俊など、現場はオトナな俳優陣がズラリ。

「1度、特捜班のみなさんとご飯に行かせていただきました。西島さんは飲んでもあまり変わらないですね。小栗さんは陽気な感じになると、ときどき同じ話をされることがあって(笑)。私はお酒はたしなむ程度ですが、“お酒が楽しいってこういうことか!”というのをその席で学ばせていただいて。オトナの世界を初めて知りました(笑)」

 休日は外出することが多いというアクティブ女子! 

「この前は、友達と静岡の富士サファリパークへ。そのあと富士山の麓まで行ったんですよ。あれだけ近くで見たのは初めてだったので、もう感動! 

 いつか登ってみたいという願望はあるんですけど、まだ雪が残ってて“寒くない季節にしよう”って友達と話してました(笑)。休日は家にこもるときもありますが、外に出て誰かと会っているほうが自分を解放できるような気持ちになって、リラックスしますね」

私、これだけは苦手なんです……

「虫はあまり得意じゃないんですけど、中でも苦手なのはセミ。夏の終わりに、よく道に落ちていて“ここで一生を終えるのか”ってシミジミしながら通り過ぎようとすると、急に“ジー!”って鳴いて飛ぶじゃないですか。あれが本当にダメで。なぜか毎年遭遇するので、心臓に悪いからやめてほしいなって思います(笑)」

最終更新:5/28(日) 9:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)