ここから本文です

ひもを巻くだけで自然に姿勢が整う!話題の最新メソッド「ひもトレ」とは?

5/28(日) 15:22配信

OurAge

姿勢が悪いと、さまざまな不調の原因になる。しかし、よい姿勢を維持しようと思っていても、気づくと姿勢がくずれている、というのは多くの人が感じていること。そんな姿勢のくずれをとにかく手っ取り早く直したい!という人におすすめなのが、今話題の「ひもトレ」。ひもを体に巻くだけで、意識しなくても全身のバランスが整い、体の癖が解消し、姿勢が自然によくなるという魔法のようなメソッドだ。

お話をうかがったのは、バランストレーナーの小関勲さん。バランスを重視した独自の理論に基づきアスリートを指導し、自ら考案した「ひもトレ」が話題になっている。

「誰にでも体の使い方の癖があり、使いすぎて緊張している筋肉と、使われずに緩んでいる筋肉があります。このバランスの悪さによって姿勢は崩れます。これを改善できるのが、体にひもを巻くだけ、またはひもに任せてエクササイズをするだけの“ひもトレ”です」

ひもトレは「本来、体は完成されている」をコンセプトに開発したものなのだそう。ひもを巻いて体を任せると、自分では意識しなくても体がひもを感知し、緊張した部分は緩み、緩みすぎている部分は適度に緊張し、本来の状態に戻る。その結果、筋肉がバランスよく使われ、姿勢が整うとのこと。

「たとえば、ひもでたすきがけをすると背中が、お腹に巻くと骨盤がすっと立つのを感じます。全身のバランスが整い、体が動かしやすくなります。腰痛や肩コリ、五十肩など、さまざまな不調にも効果的。まずは以下の方法を試して、動きや心地よさを体感してください。運動が苦手な人にもおすすめです」と小関さん。

ひもは、100円ショップなどでも買える、太さ5~8mm程度の丸ひもを1.8mほど用意。着物用腰ひもやビニールテープでもOK。ゴム製や革製のひも、登山用ロープ、伸縮性がないひも、伸びすぎるひもはNG。小関さんが研究開発したひもトレ専用ひももある。

最初に、腕を上げる動作をしてみよう。ひもなしだと腕や肩しか動かないが、ひもを手首にかけると、余計な力みが消え、肩甲骨まわりや脇腹なども連動し、腕がラクに上がるのを感じるはず。以下の順で試してみよう。

1.足を肩幅程度に開いて立ち、まずは、ひもをかけずに両腕をできるだけ上げてぐーっと伸ばし、腕がどこまで後ろにいくかをチェック。耳の真上あたりで両腕が止まってしまう人が、多いのでは? ひもなしだと腕や肩しか動かず上げにくい。

2.今度は、肩幅よりやや広めになるようにひもで輪を作り(結び方は蝶結びでも片結びでも何でもOK)、8の字にねじって両手首にかけ、適度にピンと張る。1.と同様に両腕をできるだけ上げて、どこまで後ろにいくかをチェック。

ひもをかけると腕が耳より後ろまでいくのがわかるはず。不思議なことに、ひもをかけると体が連動し動きがスムーズになる。これがひもトレの基本だ。

最終更新:5/28(日) 15:22
OurAge