ここから本文です

北極の「世界種子貯蔵庫」、温暖化で永久凍土が溶けて緊急対策

5/28(日) 12:30配信

WIRED.jp

北極のスヴァールバル諸島には、全世界の農作物種を冷凍保存するための「世界種子貯蔵庫」が設置されている。ところが、最近の急激な気温上昇で永久凍土が溶け始めて水が流れ込み、対策に追われている。

永久凍土に眠る未来。「種子の方舟」と呼ばれる種子貯蔵庫

北極のスヴァールバル諸島には、まるでSF小説の舞台のような貯蔵庫がある。2008年に完成した「スヴァールバル世界種子貯蔵庫[関連記事]」だ。農作物種の種子を保護するための隔離された保管庫であり、300万種以上を保存できる規模をもつ。現在は88万種以上もの種子サンプルを貯蔵している。

この貯蔵庫は、山肌をくり抜いて永久凍土の下に設置された巨大な冷凍室からなる。周囲を岩盤に守られており、室温はマイナス18~20℃に保たれている。万が一、冷却装置が故障した場合にも永久凍土層によってマイナス4℃を維持できる設計[関連記事]だった。

ところが、『ガーディアン』紙の記事によると、最近になって嬉しくないサプライズに見舞われているという。温暖化の結果、永久凍土が溶けているのだ。

北極は、「2015年から2016年の冬」に続いて2番目に暖かい冬を経験したばかりだ。スヴァールバル諸島でも、異常な高気が観測されたうえ、雨まで降った。「Climate Feedback」の記事によると、2016年12月から2017年4月の北極全域の平均気温は「2004年から2013年の平均」と比べて4℃以上高かったが、スヴァールバル諸島付近では4.5℃も高かった。

こうして永久凍土は溶け、種子貯蔵庫の入口のトンネルに水がしたたり落ち、そこで再び凍る現象が起きている。自家発電で冷却している冷凍室自体は無事だが、トンネル内で凍りついた氷を削り取らなければならないという。

ノルウェー政府はガーディアン紙に対し、「人の手を借りなくても機能するよう設計されていましたが、現在は24時間体制で種子貯蔵庫を監視しています」と話している。

予防措置として、入口トンネルの防水処理の強化や、溶けた水を溜めないための排水溝の設置などが提案されている。貯蔵する種子を低温で安全に保管し続けるには、北極の山肌に冷凍室をはめ込むだけでは不十分だったようだ。

SCOTT K. JOHNSON

最終更新:5/28(日) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc