ここから本文です

今っぽいテーブルフラワーのポイントは? [mi-mollet]

5/28(日) 11:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

テーブルフラワーは1輪あればいい

毎日使う食卓にお花があると、疲れていても少しだけ心が潤います。「立派な花束は必要ありません。気に入った花を1輪だけ。洋服にアクセサリーを合わせるように、テーブルに彩りを添えて、華やかな気分に浸りませんか?」

テーブルフラワーは花束じゃないほうが今っぽい

「花束を買うのは経済的にも大変。手間もかかるし……。という人が多いと思いますが、お花がある暮らしは、セラピー効果があって本当におすすめ」と川上さん。最近はバラ売りをしている花屋さんも多いので、花束ではなく1~2輪だけ手に入れれば十分だそう。

“大振りの花は1~2輪”が、潔くておしゃれ。「その場にあるお皿やコップを使う方がわざとらしくならず、ナチュラルでこなれた空間になります」

「大振りのお花は高さのあるフラワーベースに飾るとバランスが悪くなります。そこで茎を短めに切り、フチのある皿に寝かせるように浮かべて。左右対称にせずに、片側にボリューム感を出してお皿に余白を作ると、いいバランスに」。

大きめのお花はお皿に寝かせると、こなれたスタイリングが完成。余裕があれば枝ものを添えると色合いも良くなります。

迷ったら白とグリーンの2色で

「色が多すぎると、プロのフラワーデザイナーでない限り、コーディネートのハードルが上がってしまいます」。そこで、テーブルフラワーには2色まで、と色数を決めておくのがいいそうです。「お花屋さんで迷ってしまったら、まずは白とグリーンのお花をセレクトして。清潔感がありシンプルな色合いだから、どんな家にもよく合います。花束もいいですが、手持ちのグラスやタンブラーに小分けにして並べると、空間全体にボリューム感が出ておしゃれです」

家に迎え入れる花の色は、2色までにおさえるといいバランスが保てます。一輪挿しやグラスに分散させて飾ると素敵。

フードディレクター
川上ミホさん
国内外のレストランでの経験を経て独立。イタリアンと和食をベースにしたシンプルでストーリーのあるレシピとスタイリングに定評あり。書籍や雑誌、TVなどを中心に活動するほか、近年はレストランプロデュースや商品開発アドバイサーとしても活躍。東京・目黒区東山でプライベート・レストラン「5quinto」を主宰。