ここから本文です

モンスター・井上尚弥の活躍から考える、日本ボクシング界のビジネスモデル。(川崎隆夫 経営コンサルタント)

5/28(日) 7:30配信

シェアーズカフェ・オンライン

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の「モンスター」こと井上尚弥は21日、指名挑戦者の同級2位リカルド・ロドリゲス(米国)を3回TKOで破り、5度目の防衛を果たしました。

井上は初回からスピードとパワーで挑戦者を終始圧倒、3回には2度のダウンを奪い、挑戦者をキャンパスに沈めました。また試合後に、井上が所属する大橋ジムの大橋会長は、井上が9月に米国で試合を行うことを明らかにしました

■日本のボクシング界の「ガラパゴス化」と井上尚弥の今後の可能性
井上尚弥は、「日本ボクシング界が生んだ最高傑作」とも言われており、スピード、パワー、テクニックを高次元で、かつバランス良く兼ね備えた選手です。日本のボクシング界は今まで、数多くの名チャンピオンを輩出してきました。

白井義男、ファイティング原田、西城正三、小林弘、大場政夫、輪島功一、具志堅用高、辰吉丈一郎、川島郭志、西岡利晃、長谷川穂積、内山高志などは、日本ボクシング界の歴史を創ってきた名王者達です。しかし筆者はその中でも、パワー、スピード、テクニックの全ての要素がバランス良く傑出している点においては、井上尚弥が歴代NO.1ではないかと思っています。

一方で以前から、日本のボクシング界は「ガラパゴス化」しているとも指摘されてきました。興行面等の理由から、日本の世界王者の多くは、日本国内での試合開催を余儀なくされ、これが欧米諸国の強豪等を日本に招いて試合を行うことを難しくすると同時に、日本人世界王者が、海外での評価が低い一因になっている、とも指摘されていました。

このような状況に風穴を開けたのは、元2階級制覇王者で、現在はボクシングの解説者などを務める西岡利晃氏です。西岡氏は米国で2度防衛戦を行った後、2012年に世界4階級制覇王者であり、軽量級のスーパースターであったノニト・ドネア(比)と米国でスーパーバンタム級の統一戦を行い、残念ながら敗北を喫しました。

しかしながら、西岡氏の海外で行った2度の防衛戦やノニト・ドネアへの挑戦は、海外でも高い評価を獲得し、日本のボクシングを世界に知らしめたという点で、西岡氏の功績は極めて大きいと言えるでしょう。

しかし残念ながら、西岡氏の後に続いて、米国でビッグマッチを行う選手が殆ど出て来ていません。以前、元WBAスーパーフェザー級王者内山高志や現WBCバンタム級王者山中慎介などが、米国でのビッグマッチ開催を熱望していましたが、実現には至っていません。

一方で、5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーが昨年引退し、また現WBO世界ウェルター級王者で6階級を制覇したマニー・パッキャオや、前述のノニト・ドネアなどが高齢による衰えが目立ち、ボクシングの本場米国でのボクシング人気は、やや沈静化しています。

残念ながら彼らに匹敵するような選手は、本場米国でも少数に留まり、彼らの全盛期が過ぎた現在、米国ではケーブルテレビのPPV(ペイ・パー・ビュー)の販売も、苦戦しているようです。

そのような状況下、マニー・パッキャオやノニト・ドネアなどの後継者となりうる選手は、世界広しといえども、軽量級では井上尚弥だけだと思います。よって、井上の今年9月の米国での試合は、井上個人の今後のみならず、日本ボクシング界の将来を占う意味でも大きな意味を持つと考えられます。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。