ここから本文です

【U20】堂安律、“ゴボウ抜き”ドリブルでゴールへ一直線「自分の特徴が出た」

5/28(日) 1:04配信

フットボールチャンネル

 U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節が27日に行われ、U-20日本代表はU-20イタリア代表と対戦し2-2の引き分けで終わった。この試合で圧巻の2ゴールを決めた堂安律が取材に答えている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 まず、2ゴールについて「1点目は渓太君から良いボールが来た。何とか前半のうちに1点取れればいけると思ったんで、気持ちで足伸ばした結果だと思います。2点目は自分の特徴が出たところやし、市丸のパスがちょっと前に出してきたんで、わざとちょっと前向けってメッセージがたぶん込められてたと思う。ああ、そういうことか、と思ってドリブルしてました(笑)」と、自身の得点を振り返った。

 1点目は、22分に遠藤渓太からのクロスを堂安が足を伸ばす形でゴールが決まっている。これに関しては「1点目はあれこそなんかガンバでちょっと求められてたプレーというか、ワンタッチで点取るっていうプレーは自分に今までなかったプレー。求められてることができてきてるのかなと。ちょっと成長したところかなと思います。ああいうゴールがやっぱり一番簡単ですし、ホントに伸ばして気持ちで決めたんで。ああいうところの怖いところに入っていければ、得点量産はできると思うんで、そこはよかったです」と語っている。

 2点目は、50分にエリア内の密集地帯をドリブルですり抜けて同点ゴールを決めていた。これについては「なんかあんまり相手が遅かったと言うか、前半から相手遅いなと思ってドリブルしてたから、自分が調子よかったのかなと思います」と答え、「相手に当たってました。けど、俺のゴールです(笑)」と語った。

(取材:元川悦子【水原】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)