ここから本文です

中村俊輔古巣のセルティックが歴史的偉業。全公式戦無敗で国内“完全制覇”

5/28(日) 17:38配信

フットボールチャンネル

 スコットランドのスコティッシュ・カップ決勝が現地時間の27日に行われ、セルティックがアバディーンを2-1で下して優勝を飾った。これにより、セルティックは今季の国内で全タイトルを無敗で獲得するという初の偉業を達成した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 中村俊輔(現ジュビロ磐田)の古巣としても知られるセルティックはスコットランド屈指の名門クラブ。ライバルのレンジャーズがクラブ破産による降格を強いられていたこともあって近年は国内でより圧倒的な存在となり、昨季までリーグ5連覇を達成していた。

 元リバプールのブレンダン・ロジャース監督が就任した今季も強さを見せつけ、4月初頭に早々と6連覇を決定。8試合を残しての優勝決定は過去88年間で最速となった。

 優勝決定後も無敗を維持し、最終的な成績は38試合で34勝4分け。リーグ戦が18試合で行われていた1898/99シーズンのレンジャーズ以来、実に「118年ぶり」となる無敗優勝を達成するとともに、最多勝ち点、最多得点のリーグ記録も更新した。

 11月に優勝を決めていたリーグカップに続いてスコティッシュ・カップも制したことで、2001年以来となる国内3冠も成し遂げた。英紙『テレグラフ』などによれば、シーズンを通して国内の全公式戦を無敗で終えての3冠獲得はスコットランドで史上初の快挙となった。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)