ここから本文です

竹内涼真の「猫耳コスプレ」に胸キュン必至

5/29(月) 4:00配信

ザテレビジョン

5月29日(月)より公開されるロッテアイス「モナ王」のWEB動画に竹内涼真が出演。動画は、母・妹・めい・父、4人それぞれとの心温まる家族の物語となっている。また、作品内には竹内のリアルな思い出の品が隠されているという。

【写真を見る】猫ひげを頬に直接書いた竹内涼真

■ 母篇「母と、ぼく。」

竹内の口元にアイスが付いているシーンがあるが、「カット!」となると、口元に付いたアイスをぺろりと平らげた。「アイス大好き」な竹内らしい一面が見られた。

思い出の品:サッカーのメダル。小さい頃はサッカー少年だった竹内。土日の試合は必ず、父母がビデオを回し、家に帰ると反省会をした。小学生の時はスーパースターだった竹内も高校生になると、悔しさを味わうことも多くなったと、メダルを見ながら告白。「…いい思い出です。」と語る竹内は、「サッカーの経験があったから今がある」と胸の内を明かした。

■ 妹篇「妹と、ぼく。」

妹思いの優しいお兄ちゃん役を演じました竹内。妹役の共演者と笑いながらモナ王を食べるシーンでは、妹役をもっと笑わせようとアドリブを取り入れて笑わせようとした。妹役も思わず笑顔になり、二人で楽しそうにモナ王を食べる兄妹シーンが撮影できた。

■ 姪篇「めいっ子と、ぼく。」

共演者は4歳の女の子。女の子は竹内に「遊んで遊んで!」とすぐに懐いていました。竹内自身も3兄弟の長男だが、休憩中も仲良く遊んだり、とても面倒見がいいお兄さんの顔をのぞかせた。

思い出の品:ビデオテープ。1本目は家族での誕生日パーティーのビデオ。「これ、今のお父さんの声です。えー何歳の誕生日の時なんだろう、歯が抜けているから年中か年長ですかね」と懐かしんだ。ビデオに映る幼少期の自分を見て思わず「非常にかわいいですね! ボク(笑)」と幼少期のかわいさを絶賛した。

2本目は兄弟との映像。「一番下の弟ですね。8歳離れているんですけど」と話す竹内。妹さんも含めた3兄弟との映像を、絶えずほほ笑みながら見入っていた。年齢が離れているせいか、兄弟げんかはほとんどなかったという。そんな兄弟はずっと仲が良く、「普通に3兄弟でライブにも行くし、(竹内の)おごりで3人でご飯食べたりもする」と仲良しエピソードを明かした。

■ 父篇「父と、ぼく。」

お父さん役の共演者と真剣に話をしている竹内。台本では、モナ王で「かんぱーい」と言うシーンだったが、「『うぃー、お疲れー』の方が自然じゃない?」と竹内から提案があり採用された。まるで本物の父と息子のような瞬間だった。

――モナ王の楽しみ方を教えてください。

お風呂上がりによく食べますね。夏でも冬でも、お風呂上がりに食べたくなります。そこで家族がいたらシェアしたりして食べますし、シェアするときも一人で食べる時も、ボクは割って食べる派です!

――WEBムービーの見どころは?

4作品すべて、家族みたいに見せるために極力自然体にして、その場の雰囲気で生まれた言葉も話しています。実際の家族が話しそうなことをアドリブで入れさせていただいたので、自然体で本当の家族のように見えるかなと思います。

あと、猫耳が着いたコスプレなどもして、かわいいシーンもありますので、いい感じに仕上がっていると思います。

――竹内家の家族の絆を感じるエピソードはありますか?

毎日過ごしている中で特別なことはないですけど、24年間、必ず大みそかは家族で集まるんです、竹内家は。自分の家族5人と、おじいちゃんおばあちゃん、おじさんおばさんが、僕のおばあちゃん家に必ず毎年集まります。そこで、こう…15人くらいで大みそか「わー!」っとみんなでパーティーするんですけど、普段、ずーっと一緒にいるだけじゃなくて、そういう決まったイベントごとの時に集まれるっていうのが、何年、何十年間続いているのは、すごくいいなって思いますね。

――6月18日は父の日ですが、プレゼントの予定はありますか?

全然考えてなかったですけど(笑)、今言われてどうしようかな(笑)。今、24歳になって初めて、(父に)ご飯を自分が選んだお店でおごって、その後、自分が選んだBARでお酒をおごろうと思います。 どうですか? どうでしょう? いいんじゃないですかね!

最終更新:5/29(月) 4:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)