ここから本文です

女流雀士役の岡本夏美「これをきっかけに麻雀を好きになってもらえたら」

5/29(月) 7:30配信

ザテレビジョン

6月3日(土)に公開される映画「女流闘牌伝aki -アキ-」。元祖アイドル麻雀プロ・二階堂亜樹の知られざる過去を描いた二階堂自身原案のコミックス「aki」を原作に、家出、親の離婚、倒産、一家離散などの半生を描く。

【写真を見る】「ナ・ツ・ミ」牌に笑顔を見せる岡本夏美

今作で主人公・亜樹を演じるのは、「Seventeen」の専属モデルであり、女優としても活躍中の岡本夏美。麻雀をテーマにした映画ならではの見どころや、役作りなど、ここでしか聞けない話を聞いた。

――ご出演が決まった時はどんなお気持ちでしたか?

まず最初に原作を読んで、「えっまた麻雀!」って思いました。「咲-Saki-」というドラマ(‘16年、TBS系)と映画(‘17年)でも麻雀がテーマだったので(笑)。その時も特殊だなって思っていたので、本当にご縁を感じましたね!

でも台本を読んでいく中で、亜樹ちゃんのせりふに、共感するところもあって。この作品をやったら自分の中の意識が変わるなって思った部分もあったので、楽しみながらやりました。

――今作は麻雀がテーマですが、役作りのために何かしたことはありますか?

初心者入門という本を読んで勉強したり、麻雀のアプリを使って練習していました。「咲-Saki-」で演じていたときは、キャラクターに合った特殊な牌の持ち方をしていたため、あらためて通常の持ち方にするのが、難しかったですね。そういう基本的なところは、この作品で一から覚え直していきました。

あと、牌を手で慣らすっていう意味では、空き時間にずっとさわっていました。

――実際に麻雀の試合を見たことはありますか?

二階堂亜樹さんの試合を見に行きました。めちゃくちゃ早いんですよ! プロの方々って考えている間もないくらいに、どんどん進んでいって。圧倒されてしまいました(笑)。

――役作りを通して麻雀をマスターされましたか?

普通にゲームはできるようになりました! 初心者レベルの大会なら出られるかなって思います(笑)。プロの方は“捨て牌”という、人が捨てた牌を見ながら進めていくんですけど。私にはまだまだそんな余裕はありません。でもだいぶ上達して、ルールも分かってきて、楽しめるまでになりました。

――周りに麻雀をする方はいらっしゃいますか?

当然なんですけど、友達には全くいないです(笑)。でもプライベートでも仲良しの武田玲奈と一緒にいると、アプリを使って麻雀します。

でもこれをきっかけに、いろんな方に麻雀を好きになってもらえたらなって思います。

――亜樹に共感できる部分はありましたか?

大人を頼れないというか、いっぱいいっぱいになってしまうところは分かります。私は高校1年生のとき、連続ドラマ「GTO」(‘14年、フジ系)で、初主役回をいただいたことがあって。そのときは、本当にいっぱいいっぱいで、「亜樹ちゃんもそんな感じなのかな?」って思いました。

もちろんあそこまでの行動力はないですけどね。1人で上京して、漫画喫茶で生活するってすごい行動力ですよね。でも撮影で行った漫画喫茶が快適過ぎて、本当に寝ちゃったんですよ(笑)。ガチ寝でしたね(笑)。監督のカットで「あっ寝てた」みたいな(笑)。

――監督からはどんなアドバイスがありましたか?

最初にお会いしたとき、どんな感じで演じたらいいかっていう確認をして。監督からは、「亜樹ちゃんを岡本夏美が演じたらどうなるかっていうのを見せたい」って言われました。

なので、シーンによってここは笑顔でとか、ここはこういう表情でっていうのを考えながら演じました。

――撮影期間中は亜樹に成り切っていたんですか?

そうですね、だから子供っぽかったと思います。マネジャーさんにもそう言われました。自然と役が入っていたというか。いつもと違うテンションだったと思います。亜樹を演じていて、自分でも見たことのない顔をしてるシーンとかありましたね。

撮影後、監督からも「亜樹の中にいろんな人がいて、すごく面白かったよ」って言われてうれしかったです。

――特にお気に入りのシーンはありますか?

相手によって全然表情が違うというか、少し意識していたんですけど、でもそれを超えるくらい声のトーンとか話し方とかも違っていたと思います。中でも岩松(了)さんと出会う夜の公園のシーンは、亜樹ちゃんにとっての分岐点でもあると思うし、岩松さんとお芝居できたのもすごくうれしかったですね。

――亜紀は強い女性ですよね?

二階堂さんにお会いしたときも、そう感じました。芯の強い女性だと思います。

――見どころをお聞かせください。

麻雀映画なので、闘牌シーンもしっかり描かれているので、そこも注目していただきたいです。あと、姉妹のシーンは、素ではないですけど、それに近い感じだったと思います。

――姉役の中山(絵梨奈)さんとは撮影以外ではどんな感じで過ごしていたんですか?

とにかくかわいい! こんなお姉ちゃんがいたら家から出られないよっていうくらいかわいかった! 二階堂姉妹もすごく仲が良いってお聞きしたので、そういうところも出したいなって話していました。

――今後、どんな役に挑戦したいですか?

まだ大人の役をやったことがないので、女性の魅力をたくさん見つけて、大人の女性を演じたいです!

最終更新:5/29(月) 8:07
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)