ここから本文です

民間人になった女性皇族のその後 動物園園長や家元夫人も

5/29(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 婚約が報じられた眞子内親王は近い将来、結婚と同時に皇籍を離脱し、民間人になる。皇居を出てからの暮らしはどうなるのだろうか。眞子内親王の“先輩”にあたる元プリンセスたちの現在から考えてみたい。

 婚約者の小室圭氏はまだ25歳。現在は法律事務所でパラリーガル(弁護士の補助)をしながら大学院に通っており、いわば「修業中の身」だ。

 事務所にもよるが、パラリーガルの20代中盤の平均年収は、一般のサラリーマンより低い「300万円に満たない程度」といわれる。眞子内親王には結婚時に1億3725万円の一時金が支給される見込みなので“爪に火を灯すような生活”ということにはならないにせよ、女性皇族が皇籍離脱する際には、経済面をはじめとして生活スタイルは大きく変わってくる。

 そこで参考になるのが、眞子内親王の“先輩たち”の暮らしぶりである。現在、結婚により皇籍を離れた存命中の元女性皇族は6人いるが、彼女たちの現在の生活はさまざまだ。

 昭和天皇の第四皇女(今上天皇の姉)である池田厚子さん(86・皇籍離脱前は順宮厚子内親王。以下同)は現在、何と「動物園の園長」を務めている。厚子さんは21歳の時に旧岡山藩主池田家の16代当主・池田隆政氏と見合い結婚。その翌年に池田氏が創設した「池田動物園」(岡山市)が開園した。皇室担当記者が言う。

「2012年に隆政さんが亡くなってから園長になりました。自ら動物園の売店に立つこともあり、園を盛り上げてきましたが、近年は施設の老朽化や入場者減に伴い、赤字経営が続いています。

 厚子さんが私財をなげうって赤字を補填している状態。なんとか存続させようと、県民有志らは『池田動物園をおうえんする会』を結成し、公営化を求めて署名運動や市への陳情を行なっています」

 厚子さんは現在も、天皇・皇后両陛下や皇太子一家に、岡山産の果物を送ることがあるという。

 厚子さんの妹の島津貴子さん(78・清宮貴子内親王)は、皇族出身者として初の「民間企業への就職」を果たした。

1/2ページ