ここから本文です

SJに出演していたころはデビューしたてXOXがこんなに大きくなって帰ってきた!

5/29(月) 18:00配信

BEST TIMES

新世代のBOYSグループとして、2015年にメジャーデビューを果たしたXOX(キスハグキス)のニューシングル『High School Boo!』について、メンバー・バトシン、志村禎雄、木津つばさに訊いてみた。 写真/河野優太

 

     かつて、ストリートジャックの専属モデルをつとめたバトシンが所属しているBOYSグループでもおなじみのXOX(キスハグキス)。久しぶりに彼らにインタビューしてきました。「見ないうちに大きくなったねえ」と、親戚のおじさんみたいなことをいってしまうくらい、今や彼ら全国中からの支持を得るグループに成長していた。
 昨年5月の初のワンマンライブとなった原宿の『ラフォーレミュージアム原宿』でライブはチケット発売日に即日完売。2thシングル『Ex SUMMER』、3thシングル『Skylight』は、ともにオリコンチャートTOP10入りを記録。昨年末12月23日に、Zepp DiverCity(TOKYO)にて開催されたワンマンライブ『XOX COLLECTION 2016 Autumn/Winter』は大成功となった。そんなノリに乗るXOXの4th『High School Boo!』では、また違った彼らの一面が見れるという。


― ご無沙汰です(笑)。しばらくぶりなので、まずはここ一年のどんな活動をしてきたのかっていうのと、ここ一年で一番印象に残っていることとか、これやって達成感あったなことを訊きたいです

バトシン 達成感はワンマンライブじゃないですかね…昨年末の。一番(達成感が)ここ一年ではあったかなと

志村禎雄 ボクも年末のZeppのライブです

― そのステージで感じたこととか、思ったことってありますか? 

バトシン 舞台に上がっての景色がスゴイ、今まで見たことない景色だったので。でももっともっと、桜ピンク(XOXのイメージカラー)って言うんですけどペンライトが、ピンクが大きくなって大きい桜を見れたらいいのかなって思いましたね。気持ちよかったですね、その時は

― 一体感みたいな? 

志村禎雄 ありましたね

木津つばさ 僕たちのステージには、ランウェイあるんですけど。ランウェイ歩いたときにライブで周りのピンクのペンライトが本当に桜っぽく見えるんですね

志村禎雄 林や森みたいにね。

― あれだけの会場でできるっていうのはなかなか…特に今、いろんなアーティストがいるなかですごいですね。

バトシン こだわっているのは、「オシャレにみせるキスハグならではのライブ」っていうのを見せることができたのかなって思いますね

― その中で特にXOXのライブの中で一番見てほしいのはここですみたいなのは? 

志村禎雄 どれも見て欲しいんですけど、さっきシンちゃん(バトシン)が言ってくれたとおり、ボクたちは“オシャレにみせたい”ってところでは、ファッションショーを取り入れたりとか、やっぱり音楽とファッションというものを融合させて、それをひとつの色としてどんどん前に出していってるので、そういうところとかは最初から最後まで見ても、衣装とかも全部シーンで変わってくるので、そういうところとかも見どころでもありますし、見ても楽しめるし、聴いても楽しめるところがボクたちのライブだなって思います

― 衣装とかは自分たちで選んでる? 

バトシン いつもお世話になっているスタイリストさんがいるんですけど、ベースを組んでもらってから、お互い意見出し合ったりしてやってます

志村禎雄 けっこう時間かかりますね。

 

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。