ここから本文です

小栗旬公認のおばたのお兄さん、モノマネ封印を覚悟した出来事とは

5/29(月) 11:30配信

週刊女性PRIME

「最近、家賃5万円のアパートから家賃10万円の部屋に引っ越しました! 芸能界は浮き沈みが激しいので、もし厳しくなったら仲よくさせてもらっている、オリエンタルラジオの藤森さんのお世話になろうかと(笑)」

【この記事のすべての写真を見る】

 小栗旬“公認”モノマネ芸人・おばたのお兄さん(28)。“まーきのっ!!”のフレーズは若者の間でブームになり、LINEスタンプも大人気♪

「小栗さんの大ファンでコンビ時代からモノマネはやっていたんですが、昨年2月にピンになってから、本格的に始めました。小栗さんのおかげで人生激変しましたね」

 そんな恩人とは、少し前にテレビのドッキリ企画で初対面。“やりすぎじゃない?”と本人に言われたときは、やっぱり焦った? 

「小栗さんが僕のことを気にしてくれているらしいって風の噂で聞いていたので、懐の大きな方だなって感動していたんです。でもドッキリで怒られたときは、さすがにやりすぎたか……とモノマネの封印を覚悟しましたね(笑)。収録後、ツーショットをお願いしたら、小栗さんのほうから、“まーきのっ”ポーズで撮ろうと言ってくれて。想像していたとおり優しい方でした!」

 “まーきのっ!”以外に会ってみたい女性は? 

「こないだ『東京ガールズコレクション』のランウェイを歩かせてもらったんです。観客3万人からの声援は今まででいちばん気持ちがよかったので、今度は小栗さんの奥さんである山田優さんと歩きたいですね!」

 実は日本体育大学を卒業したスポーツマン。TBS『オールスター感謝祭』の名物企画“赤坂5丁目ミニマラソン”では6位と大健闘! 

「お話を2か月前にいただいていたので、そこから練習して。ただ、スタッフの方にコースは3キロ弱と言われていたから、その距離で調整していたら実際は3.6キロで。だから本番では見事に後半ペースが落ちました(笑)。肉体系の番組にも呼んでもらえるようにアピールしていきたいですね」

 またSNS研究にも余念がない。

「趣味は自分の名前を検索するエゴサーチ(笑)。自分はSNSから話題になったと思うので、朝起きたらSNSで世間の反応を調べるのが日課ですね。まだ、おばたのお兄さんという芸名までは浸透していないので、芸名を覚えてもらえるように頑張ります!」

<information>
LINEクリエイターズスタンプ『おばたのお兄さん』が発売中。W小栗旬漫才・マロンマロンとして『ネタパレ』に準レギュラー、6月2日放送『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』に出演(ともにフジテレビ系)

最終更新:5/29(月) 11:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)