ここから本文です

ヴァチカン発、「社会的ミッション」をもつ企業を支援するアクセラレーター

5/29(月) 12:11配信

WIRED.jp

ヴァチカンの実業家スティーヴン・フォルテは、アクセラレータープログラム「Laudato Si’ Challenge」をスタートさせる。教皇フランシスコの回勅からインスピレーションを得て、利益と社会的ミッションを両立させるスタートアップの支援を行っていく。

動画:教皇フランシスコのTEDトーク

ヴァチカンのヴェンチャーキャピタル「Fresco Capital」を率いる実業家スティーヴン・フォルテは、Mediumへの投稿で、自ら始めたプログラムへの「挑戦」を起業家たちに呼びかけた。

「Laudato Si’ Challenge」と名付けられたこのプログラムの対象は、社会的なミッションをもち、収益を得ることも目的とするスタートアップである[編注:「Laudato Si」は「あなたが称えられますように」の意味。聖フランシスコの「太陽の歌」で繰り返されるフレーズ]。名称は「Laudato si’」と題された教皇フランシスコの回勅からインスピレーションを得ている。

応募はオンラインで行われ、起業家たちは第1段階ではSkype経由で自分たちのプロジェクトをフォルテにプレゼンする。続いてメンターも加わり、選考プロセスが進んでいく。出願の締め切りは2017年6月5日だ。

このアクセラレーターは、6~8パーセントの株式と引き替えに10万ユーロ(約1,200万円)を提供することになる。プログラムは7月13日から9月9日まで行われ、年末には、ヴァチカンでデモ・デイが開催される。

利益とミッションを両立するために

フォルテはMediumでこう説明している。「ヴァチカンは企業のミッションを深く気にかけており、投資や企業の将来に関する議論にグローバルレヴェルで参加してきました。さらに教皇フランシスコは、最近のTEDトークでテック企業がより善良になるように呼びかけています」

アクセラレーターは、イノヴェイティヴなアイデアをもち、同時に世界のために何かいいことをしたいと考えているスタートアップに賞を授与することになる。スタートアップたちの社会的なミッションとして、国連の政治課題と同じカテゴリーが設けられる。「エネルギー」「食料」「水」「都市環境」「人間の可能性」だ。

エネルギーに関しては、深刻な影響をもたらす気候変動の解決策を見つけるためのアイデアが表彰されるだろう。食料のカテゴリーでは、温室効果ガスの排出を最小限に減らしつつ、すべての人のために食の安全を保証するアイデアが求められる。水問題に関しては、水資源を適切に管理して人々の健康と生活を守ることが必要だ。

都市計画については、気候変動の原因となるガスの排出を最小限に減らし、人々にチャンスが与えられることを保証すること。最後に、人間の可能性というカテゴリーでは、移民に起因する人々の苦しみを小さくするためのアイデアが対象となる。

フォルテは投稿のなかでこう続けている。「現在起業家たちは、お金を生み出すだけのスタートアップをつくるか、社会的な動機に打ち込む企業をつくるかのどちらかに集中しています。利益と社会的ミッションを両立したいと願う、すべてのスタートアップはこのプログラムに応募することができます」

AGOSTINA DELLI COMPAGNI

最終更新:5/29(月) 12:14
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。