ここから本文です

原宿の新名所!コクヨが提案するショップ&カフェ「THINK OF THINGS」

5/29(月) 21:00配信

Suits-woman.jp

文具好き女子に朗報!また新しい魅力のスポットが登場しました。それが東京・千駄ヶ谷に2017年5月26日にオープンした、コクヨのライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」。場所はJR原宿駅の竹下口から代々木方面に3分ほど歩いたところ。周囲には住宅地もあり、付近の竹下通りの喧噪を感じさせない、落ち着いた雰囲気です。

「ワークとライフの境界を超える」がコンセプト

この千駄ヶ谷エリアのことを、今回のショップディレクションを担当した永田宙郷(ながた おきさと)氏は、「河口付近の川と海が混じり合った、栄養がたまる汽水(きすい)域のような場所」だと例えました。周囲には明治神宮の森も見え、個性的なショップやクリエイターのオフィスも多く、新しい価値を求める人が集まる刺激的な環境。オフィスや住宅地が混在する、いい意味で曖昧な、いろんな影響を受け、変わっていける街だと言います。

「THINK OF THINGS」の「ワークとライフの境界を超える」というショップコンセプトにもぴったりの場所。ここで展開されるのは、生活と仕事の双方に刺激や発見を与えてくれる道具としての文具や雑貨。時代を超えて長く愛用されてきたコクヨの新提案商品や、独自の視点でセレクトした他ブランドの良質な商品も並びます。

「モノやコトを考えるきっかけ作りの場所」

これらの商品たちを見ながら、改めて自分の好みを感じたり、自分らしさについて考えたり。そんな「モノやコトを考えるきっかけ作りの場所」として使って欲しいという意図から、「THINK OF THINGS」という、ややショップらしからぬ名前になっているそうです。でもちょっと長いので、ショップロゴにもなっている「TOT(ティーオーティー)」と略すのがいいかも。

カフェは、東京・三軒茶屋で焙煎を行なっている「OBSCURA COFFEE ROASTERS」がプロデュース。4種類のコーヒー(350円~)を基本に、ハーブティー、ジュース、ビール、ミネラルウォーターが揃います。ワンハンドスタイルのコッペパンサンド(350円~)や、菓子パン(250円)なども用意。カフェとショップがある1階の奥には中庭があるので、どんと中央に構える樹齢100年以上のオリーブの木を眺めながら、コーヒー片手にもの思いにふけるのがおすすめです。

ショップの奥にある中庭には、軒付きのベンチも。周囲の建物を眺められる様子は、ヨーロッパの建物を思わせます。中庭の中央には幸福のシンボルとしてオリーブを植樹。

2階には多目的スペースがあり、コクヨ主催のイベントを開催予定。レンタルスペースとして貸し出すことも考えられています。そして3階はコクヨのオフィス。ショップ同様、ここでも「ワークスタイルバランス」について考え、実践していくそうです。

多様化された社会で、直営ショップという形でお客さんとの接点を持ったコクヨは、この「THINK OF THINGS」をどのように今後の商品開発に活かしていくのでしょうか。お客さんはもちろん、コクヨの社員にとっても、どんな展開が巻き起こるのか楽しみな場所。代表取締役社長の黒田英邦(くろだ ひでくに)氏が「非常にチャレンジングな場所」というだけに、今、とってもアツイ文具スポットです。

THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1(JR原宿駅竹下口より徒歩3分)
営業時間:10:00~20:00
休み:毎月第3水曜日
http://think-of-things.com/

取材・文/綿谷禎子

最終更新:5/29(月) 21:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。