ここから本文です

初ゴールの柴崎岳にスペイン紙が高評価。「テネリフェのコンビネーションの鍵」

5/29(月) 6:02配信

フットボールチャンネル

 スペイン2部第40節が現地時間の28日に行われ、テネリフェはアルコルコンにアウェイで3-1の勝利を収めた。MF柴崎岳はこの試合に先発し、スペインでの初ゴールを記録している。

5位本田、4位原博実、1位は…日本代表歴代得点ランキングトップ5

 1点リードで迎えた31分、柴崎はティロネからのスルーパスを受けてエリア内に抜け出し、左足の低いシュートでチームの2点目を記録。ちょうど25歳の誕生日だったこの日、出場10試合目で待望の初ゴールを記録することができた。

 地元紙『エル・ドルサル』はこの試合の柴崎に対し、10点満点で「9点」と高い評価をつけている。先制点を記録したFWアンソニー・ロサノと並ぶ最高評価を与え、「テネリフェでの初ゴールを記録。この日もインスピレーションを発揮していた。マルティ(監督)のチームのコンビネーションサッカーの鍵を握る男」と評している。

 大手紙『アス』は柴崎に、3点満点(0から3の4段階)で「2点」をつけた。チームメートの6人と並ぶ最高評価となっている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)