ここから本文です

『ちびまる子ちゃん』で前田さんがまたやらかす! 強引で胸糞な展開に「笑えない」と大ブーイング!

5/29(月) 16:00配信

おたぽる

 5月28日に放送されたTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)第1102話。今週もさまざまな反響がネットに上がっていたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 前半に放送されたのは「『お姉ちゃん、まる子の歌がうるさい』の巻」。お楽しみ会をすることになったまる子のクラス。生徒がそれぞれ出し物をするのだが、まる子は友だいのたまちゃんととしこちゃんとともに“中三トリオ”になりきって歌を歌うことに。曲は桜田淳子の「私の青い鳥」に決定。

 しかし、3人が「まるちゃんは百恵ちゃんだね~」と盛り上がっているところに前田さんが登場し、「わたしも入れてよ」と話しかけてきた。当然まる子たちは「私たち3人で中三トリオをやろうかって……」と拒否しようとするのだが、前田さんは「あたしを入れるのが嫌なの?」と詰め寄って強引にグループに加入。この展開にもちろんネットでは「うわーまた前田さんの胸糞回か」「こいつほんと無理」「前田さんのずうずうしさは笑えない」とブーイングの嵐が。

 しかも前田さんはグループを仕切りだし、3人に発声練習をさせたりして「もっと大きな声で!」と厳しく指導。このせいでまる子は家でも歌の練習をすることになったのだが、これで一番の迷惑を被ったのがお姉ちゃん・さきこ。まる子が大声で歌うので勉強に集中できなくなってしまった。

 歌の練習は連日続き、グループ練習では前田さんが「駄目駄目! もっと感情をこめて!」とガミガミ怒り、そのたびまる子は家で大声で自主練習、そのせいでお姉ちゃんは好きなテレビもまともに見れないという負の連鎖が起こる。「後から入って仕切る前田さんマジクソ」「これはさきこだけじゃなくて視聴者もイライラするわ」「あー前田さんマジ消えないかな」と視聴者のフラストレーションも溜まる一方。

 そんな日々が続いたある日、外を歩いていたお姉ちゃんが、泣きながら走ってきた前田さんと激突。話を聞くとどうやらまる子たちと喧嘩をしたそうで、前田さんがいつものように厳しく指導していたら、まる子たちが「前から気になってたんだけどちょっと威張りすぎじゃない?」「前田さんの考えばっかり押しつけないでよね」とついに反論したというのだ。

 これには「まる子正論」「もっと言ってやれ」「むしろブチギレても良い」とやっと視聴者のイライラは少し解消される。しかし後の展開で、泣き崩れる前田さんにまる子たちが謝るという胸糞展開が続き、しまいにはまる子の家でみんなで歌の練習をしだしてお姉ちゃんは可哀想だがしかたないというオチがついた。この話には「さきこ可哀想過ぎるだろ」「なんだこの話は……」「前田を登場人物から消してくれ」と最後までブーイングが巻き起こっていた。
 
 後半に放送されたのは「『ヨソはヨソ、ウチはウチ』の巻」。「たまちゃんは家族で遊園地に行くんだって~」「としこちゃんは水族館に行くって~」と、友だちの家族を引き合いに出してどこかに遊びに行きたいとねだるまる子。しかし親には「ヨソはヨソ、ウチはウチ」とお願いを却下される。

 何でも「ヨソはヨソ、ウチはウチ」と言ってくる親にまる子は反撃を試みる。ある日、母親のすみれが「丸尾君はテストで100点とったらしいじゃない」とまる子を叱ったのだが、まる子は「丸尾君は丸尾君、まる子はまる子」と言って反論をしたのだ。このまる子の主張には「正論である」「論破しちまったな」「屁理屈っぽいけど気持ちはわかる」と共感の声が相次いでいた。

最終更新:5/29(月) 16:00
おたぽる