ここから本文です

子供のアルバム作りを諦めない「3つのゆるいルール」/OURHOME・Emiさんの写真整理講座

5/29(月) 17:00配信

集英社ハピプラニュース

写真整理はママの困りごとNo.1。好きなときに見返せるように、アルバムにまとめなきゃと思いつつ、ついつい後回しになっている方、いませんか?予約殺到、整理収納アドバイザーOURHOME Emiさんに、難しくないから続けられる「とっておきアルバム」作りのシンプルでゆるいルールをうかがいました。

RULE 01. 1年で一冊

張り切って大容量のアルバムを用意すると、続けるのが億劫に。「厳選した“とっておき”の写真だけを収めたアルバムを1年に一冊、と決めるとプレッシャーがなくなり、写真整理がラクになります」扱いやすいシンプルなポケットアルバムに家族全員の写真をまとめて。

RULE 02. 1カ月で1見開き、11枚

1見開きに1カ月分。「私は11枚の写真と育児日記カード1枚を収納。整理もラクで、見返しやすい分量です」プリントサイズはL判がおすすめ。どこでもプリントできて、祖父母やママ友にもらう写真もL判が多いため。「旅行や行事がある月は1見開き増やします」Emiさんの子供たちも時々アルバムを取り出して、「このとき、こんなことがあったね」と言いながら、眺めているそう。

RULE 03. 育児日記カードを差し込む

「簡単な育児日記を一緒につけておいて育児の軌跡を見返すと、私も頑張ってきたなぁ~、と自分を認められるので、アルバムは自分のためでもあるんです」とはいえ、1枚ずつ丁寧にコメントをつけるのは大変。そこで写真と同じ大きさのカードに、その月の出来事や、子供が赤ちゃんの頃は月齢をメモ。「見返すとき、ちょうどいい“思い出の量”でおすすめです。書けない月があってもよし、くらいにゆるーく考えて」

写真の整理に困ってませんか

「完璧な写真アルバムを作ろうとして、写真整理のハードルを上げていませんか」。今の時代、スマホ、デジカメなど撮影方法はさまざま。保管の仕方も、昔ながらの紙に印刷した写真アルバムやデジタルアルバム、クラウド化で保管など、“手段”が増えました。「だから、完璧にやろうとするほど何から始めていいかわからなくなり、つい後回しになるのは当然です。難しく考えずに、写真整理のルールを、シンプルでゆるいものにしましょう。そうすれば5年間手をつけていなかった人でも、2週間で整理できます。今からでも十分間に合いますよ!」(Emiさん)

撮影/仲尾知泰 Emi 取材・原文/田中のり子 中沢明子 Emi 本誌編集部

LEEweb