ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談「夫の服装をどうにかしたい」

5/29(月) 11:02配信

女性自身

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「33歳の夫の服装は、アロハに金のアクセサリーをジャラジャラ、サングラスにパナマ帽とヤ●ザみたい。ファッションセンスを変えさせたいのですが、どうすればいいでしょうか」(抹チャンさん・27・主婦・兵庫県)

【A】「洋服には何の興味もないが、『しまむら』のCMには出たい」(蛭子能収)

ファッションにはまったくこだわりのないオレに相談する、アナタのセンスをまず疑いますけどね。夫が好きで着ている服がどうしても嫌だったら、一緒に出かけなければいいだけ。それか、アナタが夫に合わせて、暴力団の彼女風のファッションにすれば解決するはずです。そもそも、人のセンスを変えたいなど、あまり考えないほうがいいですよ。

ちなみにオレは、女房が大好きな「ファッションセンターしまむら」に一緒に行ったときに洋服を買っています。なぜ「しまむら」がいいかというと、オレは小学生のときから、新品のピカピカの服で、友達の前に行くのが気恥ずかしくて嫌だったんです。きちんと見られるのが苦手で、買ったばかりの洋服をわざわざ汚して着ていたくらい。「しまむら」の洋服は、ピカピカな感じがしないところがお気に入りです。

これだけ言えば、「しまむら」からCMのオファーが来るかもしれませんね。ギャラが出るなら、ファッションにこだわりのある男にだってなりますよ!

最終更新:5/29(月) 11:02
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ