ここから本文です

【閲覧注意】死体を放置して「地球に還る」様子を観察する、テキサスの巨大研究所に潜入

5/29(月) 18:10配信

WIRED.jp

米テキサス州には、敷地のあちこちに死体が放置されている研究所がある。しかも、犯罪組織が関与する恐ろしいものではなく、れっきとした公立の研究所だ。世界に7つしかない研究所のなかでも最大というテキサス州立法医学人類学研究所に密着した写真家、ロバート・シュルツの作品をご紹介。

敷地のあちこちに死体が放置されている公立の研究所

世界には、そこら中に腐乱死体が転がっている施設があることをご存知だろうか? それは殺人鬼の家でもなければ、マッドサイエンティストのラボでもない。れっきとした公立の研究所があるのだ。グアテマラ育ちの写真家、ロバート・シュルツはプロジェクト『The Washing Away of Wrongs』を通じて、こうした研究所の知られざる活動に迫っている。

『The Washing Away of Wrongs』なるタイトルは、13世紀に南宋の司法官僚・宋慈が記した法医学書『洗冤集録』の英題でもある。本書は世界初の検屍書だといわれており、ありとあらゆる死体の見分け方がまとめられている。タイトルの「洗冤」とは「冤罪をすすぐ」という意味であり、当時誤った検屍のために死刑となってしまった人を救うべく書かれたものなのだという。

シュルツは、2015年の秋にこのプロジェクトを開始し、1年間テキサス州立大学の法医学人類学研究所に密着した。「人類学者が『参与観察』するように、学生たちと行動をともにするようにしていました」とシュルツが語るように、彼はできるだけ学生と行動し、野外のフィールドワークから室内で骨を修復するワークショップまで、さまざまな授業を受けていたのだという。

テキサス州立大学の法医学人類学研究所は、26エーカー(約10万平方メートル)という、検屍用の施設としては世界最大の面積を誇っている(そもそも、こうした施設は世界に7カ所しかない)。敷地内には各地から寄付された死体が50体近く置かれているのだという。

人間が地球へと還っていくプロセス

死体は地中に埋められているものもあれば、地上に放置されているものもある。地上に放置される場合は、動物に荒らされないようケージが被せられている。学生たちは毎日こうした死体をチェックし、記録し続けているのだという。シュルツがモノクロの写真でとらえた学生の姿はセンセーショナルでもあるが、どこか映画のワンシーンのようでもあり、観る者の目をとらえて離さない。

「当初はプロジェクトについて説明しても、こうした研究所の存在を知っている人がほとんどいなかったんです」。そうシュルツが語るように、法医学人類学研究所のような施設の存在はあまり知られていないのかもしれない。世界にある7つの研究所のうち6つは米国、残りのひとつはオーストラリアにあるなど、研究データは偏在してしまっている。シュルツは多くの人に研究所の存在を知ってもらい、世界中にもっとこうした研究所が増えるべきだと主張する。

一方で、シュルツは研究所での経験を通じ、人間という生物の存在についても考えさせられたのだという。「人間が地球へと還っていき、まず最初に植物や動物に命を分け与えるような場所に立つのは、とてつもなく強烈な経験です」と彼は語る。死のプロセスの真っ只中に身をおくというのは、とりもなおさず、生について考えることでもあるのだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:5/29(月) 18:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc