ここから本文です

16年ぶりのGK移籍金最高額更新は目前 シティが64億円提示、新守護神獲得へ

5/29(月) 14:50配信

Football ZONE web

ベンフィカのブラジル代表GKエデルソンに白羽の矢、クラブ間で交渉中

 ペップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティは、新守護神としてベンフィカのブラジル代表GKエデルソン・モラレスの獲得に動いていることが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、その移籍金がGK史上最高額の4500万ポンド(約64億円)と伝えており、現在クラブ間交渉を進めているという。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 現在23歳のエデルソンは16歳の時にベンフィカと契約。わずか2年で一度放出されたものの、下部リーグで経験を積み、2015年に名門クラブへ再加入した。いまだ出場はないものの、昨夏のコパ・アメリカ・センテナリオやロシア・ワールドカップ南米予選でブラジル代表に選出されている実力者だ。

 ペップ就任1年目のシティは無冠に終わり、バルセロナやバイエルンでタイトルの山を築いてきた名将はプレミアの洗礼を受け、「これがバルサやバイエルンなら私はクビにされている」と失敗を認めた。

 ペップ最大の誤算は守護神だろう。不動の存在だったGKジョー・ハートを戦力外としてトリノへ期限付き移籍で放出。そして、新たにバルセロナからチリ代表GKクラウディオ・ブラーボを引き抜いたが、指揮官たっての希望で獲得したブラーボが凡ミスを連発した。バルサとチリ代表で数々のタイトルを手にしている猛者は失敗補強の烙印を押され、最終的には第3GKだったアルゼンチン人GKウィリー・カバジェロがスタメン起用される始末となっていた。

「ベンフィカ最後の試合かも」と本人語る

 ペップはブラーボとハートに信頼を置いておらず、カバジェロは契約満了に伴い退団が決定。新戦力獲得は急務となっているなかで、成長株のエデルソンに白羽の矢が立った。公式戦39試合に出場のエデルソンは、ベンフィカ史上初のリーグ4連覇に貢献。16強敗退に終わったものの、UEFAチャンピオンズリーグでも決勝トーナメント1回戦のドルトムント戦では好守連発で存在感を示した。

 これまでGKの史上最高額移籍は2001年にパルマからユベントスに渡ったイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの3260万ポンド(約46億円)。報道通り、移籍金4500万ポンドとなれば、その記録を大幅に更新することになる。

 エデルソンはシティ移籍の可能性に対して「まだ分からない。でも、これが自分のベンフィカでの最後の試合になるかもしれない」と語っている。世界最高の守護神が16年間守り抜いて来たGKの移籍金記録が、反応の速さを武器とするエデルソンに破られることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/29(月) 14:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新