ここから本文です

【U-20】韓国の“バルサデュオ”、A代表はまだ先? 指揮官が示唆「抜擢は時期尚早」

5/29(月) 17:02配信

フットボールチャンネル

 韓国代表のウリ・シュティーリケ監督が、U-20韓国代表のイ・スンウとペク・スンホのA代表入りはまだ早いと語った。韓国メディア『ジョイニュース』が伝えている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 イ・スンウとペク・スンホ、ともにバルセロナBに所属し、韓国で開催されているU-20ワールドカップに出場中。イ・スンウは“韓国のメッシ”とも称され、グループステージで2得点を決めるなど決勝トーナメント進出に貢献している。

 どちらも韓国国内では将来を嘱望される逸材で、国内では“バルサデュオ”とも呼ばれている2人について、シュティーリケ監督は「彼らがよくやってくれたおかげで、ベスト16に進出できた」と評価。

 その一方でロシアワールドカップ予選に臨むA代表には「残り3試合で抜擢するのは時期尚早である」と、まだ招集しないと述べた。

「世代別の代表選手が、A代表入りやプロデビューすることが簡単ではないことを理解するべきだ。例えば、昨年のリオ五輪に出た選手のうち何人が所属チームでレギュラーに定着できたのか、あるいはA代表に選出されなかったのかはチェックする必要がある」

 韓国代表はアジア最終予選7試合を終えてグループAの2位に位置している。残り3試合でカタール(アウェイ)、イラン(ホーム)、ウズベキスタン(アウェイ)と対戦する。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)