ここから本文です

【U20】好調・堂安律「立ち上がり集中」。グループステージの教訓生きるか

5/29(月) 22:16配信

フットボールチャンネル

 U-20日本代表は30日、U-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でU-20ベネズエラと対戦する。MF堂安律は、試合への入り方に特に気をつけるつもりだ。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 グループステージ最終節のイタリア戦で2ゴールを挙げてチームを救った堂安。中2日の過密日程が続いており、疲労が心配されるが、「なくはないけど、いける感じかなと思います」と話している。

 ここまで3得点を挙げている同選手は「良い感じでチームに貢献できていると思います。明日もしっかり結果を残したいと思います」と意気込んだ。

 ただし、ベネズエラはグループBで3戦全勝、10得点無失点の強敵だ。ベネズエラについて堂安は「対人、1対1が強い印象」を持っている。決勝トーナメントからはPK戦の可能性もあり、PKの練習ではクロスバーに当てて失敗してしまったが「本番で決めたら大丈夫です」と、気にしている様子はない。

 堂安はグループステージの失敗を教訓に、ベネズエラ攻略を目指している。

「立ち上がりから失点したら、もちろん厳しくなる。やっぱり4試合目ということで延長戦までいけば次の試合にも響くこともあると思うので、立ち上がりに集中して入っていければと思う」

 イタリア戦での活躍から相手の警戒が強くなることも予想される堂安。再びチームを引っ張っていけるだろうか。

(取材:舩木渉【大田】、構成・文:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)