ここから本文です

「あの2人を殺さないと…」バロテッリのジョークが激しすぎる!

5/29(月) 17:22配信

SOCCER DIGEST Web

今シーズンは15ゴールと爆発も、「もっとできる」と高みを目指す。

 悪童らしいブラックジョークと言えるだろう。
 
 ニースでのシーズンを終えたイタリア代表FWのマリオ・バロテッリは、生まれ故郷のブレッシャで開催されたイベントに出席。そこで残したコメントをイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。
 
 地元紙『ブレッシャ・オッジ』が主催するブレッシャ近郊のサッカー選手を対象とした表彰式へ招待されたバロテッリは、「ブレッシャのバロンドール」と言われる賞の授与式後、本家バロンドールへの自身の考えを述べている。
 
 バロンドールを獲得できるかを問われたバロテッリは、「そうだな。勝つためには、まずあの2人を殺さないといけないだろ?」と、ここ9年間連続で互いに賞を取り合っているクリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシに冗談交じりに弄った。
 
 また、今シーズンのバロテッリは、自身初挑戦となったリーグ・アンで23試合に出場して15ゴールと結果を残し、チームを3位に押し上げる堂々たるパフォーマンスを披露した。それでも当人は、「これまでの俺のキャリアは大したことはない。もっとできるはずだ」と、さらなる高みを目指すことを誓っている。
 
 ニースとの契約が今年6月30日で満了となるバロテッリは、今夏の新天地行きが確実視されており、ラス・パルマスやマルセイユ、リヨン、サンプドリアといったクラブからの関心が噂されている。しかし、本人はいたってマイペースに去就を考えているようだ。
 
「これから2週間はオフモード。バカンスに入るんだよ。だから何も考えるつもりはない。チャンピオンズ・リーグの決勝(6月3日)も見ないね。すべてはその後に決めるよ」
 
 はたして、バロテッリは移籍先としていかなる舞台を選ぶのか? バカンス後に出されるであろう結論に注目だ。

「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:5/29(月) 17:22
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ