ここから本文です

夏のファンデ、試して選んだベスト5!カネボウ、THREE…

5/29(月) 9:10配信

女子SPA!

 こんにちは、美容エディターの石山照実です。

 暑くなってきました、いよいよ本格的な夏も間近ですね。

 ちょっと遅くなりましたが、ファンデーションを買いそびれている方に、新作ファンデーション、どれがいいかのお試し情報をお届けします。

 先日、「5歳若く見えるファンデーション選び」の第2回を開催したのですが、皆さん大満足で、興奮のうちに帰って行きました。そんなファンデーション選びの会の内容と、数十種類の中から当日皆さんに人気だったファンデーションをご紹介します。

 まだ夏ファンデを買っていない方、どうぞご参考にしてくださいね。

◆この夏も、ツヤ感のある生肌傾向が続く

 まず、この夏のファンデーションの傾向は? と言うと、今まで通りの輝く生肌(ロースキン)傾向が続いているようです。少しナチュラルなツヤ感があり、つけていないかのように見せるファンデーションは、大人の肌を若く見せてくれると思います。マットな肌はややもするとシワっぽく見られてしまいがち、気をつけましょう。

 私は粉をはたくのがあまり好きではありません。最後の粉は、つけ過ぎることで肌のツヤをなくし、老けさせることがありますので、要注意です。必要な場所にだけ、ツヤが出やすいほおなどにはお粉はつけないで仕上げると、今っぽい肌が完成です。

 では、何が違うの? というと、今回のファンデーション企画のナビゲーター、近内明子さんによると、なんといっても「使い勝手で選べる時代」になっているそうです。つまり、今まで、パウダリーはふんわり、リキッドでツヤ肌、と言っていた時代から、パウダリーでも同じような仕上がり感が選べるようになったということ。

 そうなると、あとは自分の使い勝手と、どれだけベース作りに時間をかけるか、かけられるか、でファンデーションを選ぶ時代になってきた、ということです。

◆“ファンデを塗る前”に時間をかけるべき

 近内さんいわく、ファンデーションが生肌を目指して薄づきになってきた今、実はより気をつけることが出てきたそう。「何もかもぴったりのファンデーションなんてありません。年齢、季節や環境、遺伝、生活スタイルなどさまざまな要因で、肌は変化します。だから肌はひとりひとり違うのです」

 では何が大切なの? というと「自分がなりたい肌質を考えて、その前のお手入れとベース作りに時間をかけることが必要になってきました」との事。なりたい肌のイメージに合わせてスキンケアや下地、コントロールカラーやコンシーラーで自分の肌をコントロールすることで、理想の肌に近づけるというわけです。

◆ファンデは、ベースや下地とセットで買うのが賢い

 ということで、今年、私自身が気になったのが、ベースや下地とセットで売り出しているファンデーション。ファンデーションも素晴らしいのですが、その下でキラリと輝く肌を作る為にそっと忍ばせるベースアイテム、プライマーや下地、と言われるものをセットで購入することをお勧めします。

 それを一緒に使って肌感が完成するのですから、ファンデーションだけを買うよりも効果は絶大です。ちょっと高くついてしまうかもしれませんが、思い切って一緒に購入しましょう。

 肌の奥から照り感を出したり、ちょっとしたトラブルを隠してくれたり、単品ではなし得ないことが可能になるのですから、費用対効果は絶大です。

◆人気があったファンデーションはズバリこれ!

 半顔ずつ塗っては落とし、お試ししまくっていただいた後に、みなさんに気に入ったものをうかがうのですが、今回は割と票が分かれました。以下、順位には私の主観が入っていますが、ベスト5をご紹介します。

◆①カネボウ

デュアルラディアンスファンデーション 4,500円(税抜)

ライトグロウプライマー 4,000円(税抜)

 まず、皆さんがお気に入り、と口をそろえて言ったのはこちら。パウダリーなのに、リキッドに負けず劣らずのツヤ感。パフを上から下へ向けてファンデーションを取ることで、肌にツヤが出るように工夫されているそう。

 簡単、そして薄づき、パウダリーでもこのつき具合なら納得です! 下地との相性がいいので、こちらはセット買いを特におすすめします。うるっと濡れる感じのベースが気持ちいいです。

◆②THREE(スリー)

アンジェリックコンプレクションプライマー 4,200円(税抜)

アンジェリックシンバイオシスファンデーション 5,400円(税抜)

 こちらは、ファンデーションよりもプライマーの人気が高かったです。“ほんのりと”なんですが、やはり肌の色味が変わるのがわかって、みなさん全力で全4色を試していました。人気は健康的に見せてくれるピーチ色。一本あると便利ですよね。

◆③POLA

B.A デイセラムL ブライトアップ 9,000円(税抜)

B.A クリーミィファンデーションL 11,000円(税抜)

 少しお値段が張りますが、きれいに見せてくれるカバー力がありながら、つけてる感のない、ナチュラルな肌を作ってくれる優れもの。さすが隙のないファンデーションだと思いました。私の感想としては、マイナスポイントがないファンデーションです。

 もちろんセットがおすすめですが、これは一つずつ使っても良いかな、と思いました。

◆④アルビオン

タイトフィルム ファンデーション PRO 6,000円(税抜)

 こちらは、塗ると顔が引き締まった印象になるということで、皆さん興味津々で試していましたが、締まるかどうかは正直わからなかったようです。でもそれだけではなく、肌の微妙なツヤ感、陰影の出方など、評価が高く人気がありました。

◆⑤KATE

シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド) オープン価格

シークレットスキンCCベースゼロ オープン価格

「プチプラとは思えない仕上がり!」「この値段でこれなら十分」と妙齢の参加者も唸らせた納得のプチプラベースメイク。いや、この値段なら私も納得です。

 ただ、長時間つけていると、少し乾燥が気になるかな、というのが正直なところ、もし使うのであれば、スキンケアを念入りに、お化粧直しに少し潤いをプラスするのは大人の女として覚えておきましょう。

 いろんなファンデーションとベースがたくさん出ている昨今、本当に自分にとって必要なのはなんだろうと、しっかり把握することが重要な時代になってきました。どれを買うべきかわからない、カウンターで買ってみたけど、家に帰ったらなんか違う、という経験のある方、こんなイベントに参加して、じっくり選ぶのが賢いのかもしれませんね。

<TEXT/石山照実>

【石山照実】

美容エディター、写真スタジオディレクター。四半世紀に及ぶ小学館勤務ののち、beautyeditor.jpを立ち上げる。2015年より恵比寿に写真撮影スタジオをオープン。セルフブランディングフォトを中心にモデルから一般の方までのプロフィール写真をディレクション。

女子SPA!

最終更新:5/29(月) 9:10
女子SPA!