ここから本文です

走り出す足元に精密センサー 「早すぎる」反応見張る

5/30(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 現在、100m走、200m走、400m走、4×100mリレー、4×400mリレーなどのスタートには、スターティングブロックが使用されている。スターティングブロックとは、クラウチングスタートの姿勢をとる際、足が滑らないように止めるための機器であり、前後の足を置く位置や角度を細かく調整できる。
 日本では第2次世界大戦後の1945年に初めて使用された。戦前にはスターティングブロックは存在せず、レーン横に小さなスコップがあり、競技者が足の位置に合わせて自分で穴を掘っていたそうだ。

■一定の圧力かかると動作判定

 1972年のミュンヘン五輪からは、このスターティングブロックに反応時間を見るシステムが組み込まれ、不正スタートを判断する機器としての役割も担っている。選手の両足で蹴られた瞬間をこの機器が検出する。スイスのオメガが開発したものが、五輪ではよく使われている。
 選手が足を置くフットプレートは、圧力センサーにつながっている。当初開発された装置では、この圧力センサーで得られる圧力が、あらかじめ設定した値以上になったら「スタートした」と判断する方式だった。
 不正スタートを判断する基準は、前述のようにスターターが引き金を引く「ドン」から競技者がスタートするまでが、0.1秒未満かどうかである。医学的に音を聞いてから反応するまで人間では0.1秒以上かかるとされており、0.1秒より速い反応時間を示す競技者の実例はない。もし「ドン」から0.1秒未満でスタートしていたら、「ドン」を聞く前からスタート動作を起こしていることになる。
 そのため、競技者がスタートしたのが「ドン」からどのくらい経過した時点なのかを特定することは、極めて重要だ。
 スタートでは、合図を聞いてから動作を起こさねばならない。合図を聞く前に見込みで動き始めるのは、物理的な目に見える動き始めが「ドン」の後になったとしても、失格だ。歴代の五輪でも、優勝者の反応時間は、全員0.1秒以上かかっている。
 ソウル五輪ではカナダのベン・ジョンソン選手が9.79秒という驚異的な記録で優勝した後、禁止薬物の検出により金メダルが剥奪されたが、そのジョンソン選手でさえスタートの反応時間は0.132秒だった。
 当初開発されたスターティングブロックは、圧力が一定値に達したことを検出する方式のため、次のような問題があった。
1. 競技者がスタート前の「用意」の姿勢で静止していても、スターティングブロックのフットプレートが設定値以上の圧力で後方に押されると、スタート動作と判断してしまう。

2. 強く一気にブロックを蹴るタイプの競技者と、比較的じわっと蹴るタイプの競技者では、スタート動作を起こした時点が同じでも、装置がそれを認めるまでに時間的な差が生じる。つまり、スタート時にブロックを蹴る力の立ち上がりの速さの違いによって、スタート時点の判定に差が生じる(グラフB)。
3. スタート時にブロックを蹴る力が小さいと、設定した圧力値に達しないので、スタートの動作を検出できない(グラフC)。
4. 競技者が「用意」の姿勢において意識的に動いても、フットプレートを後方へ押す圧力が設定値以下なら不正スタートと判定できない。

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。