ここから本文です

金城一紀「日本ドラマでやったことのないチャレンジを」

5/30(火) 17:00配信

ザテレビジョン

現役の人気プロレスラーの登場も明らかになり話題となっている「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(毎週火曜夜9.00-9.54、フジ系)第8話が5月30日(火)に放送される。

【写真を見る】田丸(西島秀俊)と千種(石田ゆり子)の禁断の愛の行方は…!?

本作は、警察の秘密部隊”特捜班”の活躍を直木賞作家の金城一紀が描いた骨太なアクションエンターテインメント。

第8話では、カルト教団に乗り込んだ小栗旬演じる稲見ら特捜班5人が150人近い出家信者たちと7分30秒にもおけるノンストップバトルを繰り広げる。

さらに、これまで描かれてきた田丸(西島秀俊)と千種(石田ゆり子)の禁断の愛も動き出し、物静かだった千種の言葉も次第に熱を帯びて田丸を求めていく。そんな中、長期間のスパイ活動を行う千種の夫・林(眞島秀和)が入手したテロ計画によって、千種の身にも危険が迫り田丸はある決断を下す…。

ほか、番組公式Twitterとの連動企画を第8話でも実施。夜10時30分までにTwitter上で「#ドラマCRISISに質問」のハッシュタグを付けた質問を募集。応募の中から選ばれた質問に対して、原案・脚本の金城一紀や監督・プロデューサーなどのスタッフが公式Twitter上で回答していく(終了時刻は未定)。

■ 小栗旬コメント

「『CRISIS―』はアクションが売りではありますが、これまでアクションで話を終わらせることはありませんでした。でも、第8話だけはとんでもない日本のテレビドラマ史に残るアクションをやって終わらせます!

これまで種をまいてきた事を回収しながら第8話、第9話、第10話が進んでいきます。西島さんのファンにとっても、第8話の田丸さんを見ればすごく納得してくれると思います。第1話から最終話まで一貫した覚悟を持った脚本はやはりすごいと思います」

■ 西島秀俊コメント

「小栗君がプロデューサーに『もっと強い敵を用意してくれ!』と言っていたら今回、本当に最強の男たちと対決することになりました。後藤(洋央紀)選手も土井(成樹)選手も文字通り規格外な人でした。小栗君をはじめとしたキャストとスタッフの覚悟が詰まったシーンになっています。

そして、第8話は田丸にとって核となる恋愛のシーンだったので、集中して臨みました。千種役の石田ゆり子さんの表情の素晴らしさに毎シーン強く引き込まれました。田丸と千種の恋の結末にも、ご期待ください!」

■ 金城一紀コメント

「せっかく小栗旬、西島秀俊がアクションをやるなら、日本のドラマでやったことのないチャレンジとして第1話の新幹線、そしてこのノンストップアクションをやりたかったんです。その両方が実現して驚きと感謝しかありません。

この7分30秒は田丸が千種に捧げる愛情表現です。田丸の抑えつけられた千種への情念を言葉ではなくアクションで表そうとしたら、ぴったりストーリーにハマったんです。不器用な田丸の愛が爆発する、そして特捜班の他のメンバーもそれを成就させようと付き合うことで、美しいチームワークが生まれる。本当に『CRISIS―』を象徴するような7分30秒になると僕は思います」

最終更新:6/5(月) 18:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)