ここから本文です

香川真司と北島康介が発起人の「食と健康」チャリティープロジェクト始動

5/30(火) 19:17配信

東京ウォーカー

プロサッカー選手の香川真司選手と元競泳選手の北島康介氏が発起人を務めるチャリティープロジェクト「Health for Tomorrow」の設立発表会が、5月30日(火)東京・原宿にて行われた。

【写真を見る】所属するドルトムントの優勝を祝して香川選手に北島氏から花束が贈られた

「Health for Tomorrow」は、開発途上国における飢餓や栄養失調、一方で先進国で進む肥満やそれに伴う医療費の増大という課題に対し、子どもたちを、そしてプロジェクトに参加する人も健康にするために立ち上げられたチャリティープロジェクト。2017年中に活動を通して飢餓に苦しむ開発途上国の児童に1000万円・50万食の支援を行うことを目標に掲げており、7月からは「FiNC WALK」というスマートフォン用ヘルスケアアプリを使って歩くことにより、歩数に応じて獲得されるポイントをもとにアフリカに寄付されるという第1弾企画が始動する予定だ。

4人の発起人によるトークショーでは、所属するボルシア・ドルトムントがドイツサッカーカップのDFBポカールで優勝したことを祝し、北島氏から香川選手に花束の贈呈が行われ、和やかなムードに。帰国したばかりだという香川選手は「厳しいシーズンになりましたが、決勝で勝てて報われました」と感謝の気持ちを語った。

発起人の一人である株式会社FiNC代表の溝口氏に誘われて本プロジェクトの発起人に名乗りを上げたという香川選手と北島氏。食と健康というプロジェクトのテーマについて聞かれると、北島氏は「食べるということは競技成績に影響してきますから、当たり前に食べて当たり前に体を作ることが日本ではごく自然なことで。けれど、世界中には食べることができず苦しんでいる人がいて、そういった人たちをまず知ることが大切じゃないかと思います」と意気込みを語った。歩数に応じて支援につながる第1弾企画の話になると、香川選手は「サッカー日本代表の練習は午後からなので、午前から体を動かしたい人たちが“散歩隊”を組んでいたりするんです。僕はあまり参加していないんですけれど。これを機に僕も何回か参加できるようにできたらいいな」と冗談をまじえてコメント。アスリートもビジネスマンも歩くことで支援につながる仕組みに期待をにじませた。

今後の活動について聞かれた北島氏が「もっともっと世界を知って、また水泳や競技生活を通して学んできたことをみなさんに発信できたら」と語ると、香川選手も「日本はスポーツ選手によるチャリティなどがまだまだ少ないですし、これをきっかけに、子どもたちに夢や希望を届けられるよう、こういった活動をどんどん広めていきたい」と話した。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

最終更新:5/30(火) 19:17
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。