ここから本文です

【ヤクルト】今の状況に近い!? 広澤克実、宮本慎也が語る「負けグセの系譜」

5/30(火) 7:00配信

文春オンライン

一体、いつになったら目を覚ますのか?

 真中満監督が自ら考えたという、今年のスローガン「目を覚ませ! SNAP OUT OF IT 2017」。神宮球場ではイニング間にこのフレーズが何度も流れるが、最近ではこのフレーズを耳にするたびに、「いつになったら目を覚ますのか?」「いい加減に起きろよ!」と、ファンもいら立ちを募らせている。

 自慢の打線が、なかなか目を覚まさずにスタートダッシュに躓いたものの、それでも「5月になれば打てるだろう!」と楽観視していた。しかし、山田哲人もバレンティンも、本来の調子にはほど遠く、中軸をなすべき川端慎吾も畠山和洋も一軍復帰まで、まだまだ時間がかかりそうだ。苦肉の策として、鵜久森淳志(元日本ハム)、坂口智隆(元オリックス)、今浪隆博(元日本ハム)、大松尚逸(元ロッテ)など、「パリコレ」と呼ばれるパ・リーグ出身選手中心の日替わり打線で急場をしのいでいるものの、相変わらず打線は目を覚ます気配を見せず、ファンの間では大きなため息が漏れている。

 それでも、去年までは壊滅状態にあった投手陣が今年は懸命に踏ん張り、何とか勝利を拾っていた。しかし、何とか築き上げた防波堤にも次第に決壊の気配が漂い、リリーフ陣が打たれ出し、頼みの守護神・秋吉亮がまさかの乱調で、負けが込むようになる。それが、ヤクルトの5月だった。

 チームが弱いと、ファンの気持ちも千々に乱れる。SNS上では、一部過激派ファンによる采配批判、選手への不満が爆発し始める。それをたしなめる者と、そこから離れていく者。しばしば巻き起こる「単なる愚痴」なのか、「愛ゆえの批判」なのかという不毛な論争。こうして、試合以外でも次第に疲弊していく。それが、ヤクルトファンの5月だった。

 僕は、勝っても負けても、全試合の新聞記事をスクラップしているのだけれど、最近はハサミと糊を手にするのが億劫だし、とても気が重い。勝ち試合のスクラップは実に心躍る楽しいひとときなのに、連敗中のスクラップの何と辛いことか。「新聞を切って、ノートに貼る」という単純作業とは思えない苦しみの時間。誰に頼まれているわけでもないのに、朝からこんな苦行に悩まされているのは、まさに惚れた者の弱みであり、ひいきチームを持ってしまったファンの悲しき宿命なのだろう。

1/3ページ

最終更新:5/30(火) 7:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。