ここから本文です

今度こそ結婚!?恋愛短命女子テイラー・スウィフトの運命のお相手探し

5/30(火) 22:05配信

25ansウエディング

失恋したら作曲で復習。そんなルーティンを招いた男、ジョー・ジョナス

今やセレブ界のゴシップを支えていると言っても過言ではないのが、カントリー歌手のテイラー・スウィフト。テイラーといえば恋多き女として有名で、今まで数々のセレブと浮名を流してきました。そんなテイラーも今年で28歳に。そろそろ結婚とか考えてもいいんじゃない!? という事で、テイラーのパートナー遍歴を振り返りつつ、彼女の結婚観を分析してみます。

【画像】今度こそ結婚!?恋愛短命女子テイラー・スウィフトの運命のお相手探し

テイラーといえば、恋多き女としての印象の次に、別れたら作曲で復習する女というこじらせ女子の印象が強い今日この頃。そんなちょっと面倒で怖い女にさせてしまったのがジョー・ジョナス。元ジョナスブラザーズのメインボーカルで、現在はDNCEのボーカルを務めるバンドマンです。二人が交際していたのは、今から9年前の2008年頃。テイラーがジョナスブラザーズのMVに出演したことから交際に発展した二人。10代の爽やかカップルに思えたのですが、たった3か月で破局してしまいます。理由は、ジョーが女優のカミーラ・ベルに一目惚れしてしまったから。あっさりとテイラーに別れを告げたのです。それもたった27秒の電話で。考えてみてください、交際3か月って一番楽しくキュンキュンし、二人の距離感だとか、色々なことがしっくりくるタイミングなのに、このフラれようはかなりショッキング! そんな悲しい経験から、テイラーは別れた彼氏へあてつけのように曲を書くようになったのです。ちなみにジョーへ向けた曲と言われているのが「Forever&Always」という曲。その一節に”ベイビー戻ってきてお願いだから戻ってきて”という歌詞があるんですが、実体験の恋愛を元にしていると思うと何だか痛々しいですよね。このあてつけ作曲に光を見出したのか、この交際以降、別れた彼氏へ向けた作曲が恒例行事(笑)となります。

”テイラー同士”の恋愛は女テイラーがわずか3か月でギブ!?

ジョー・ジョナスへの思いを歌い上げたことで浄化したテイラーは次の恋愛へと進みます。2009年頃お付き合いをしていたのが同じ名前の年下君、テイラー・ロートナーでした。映画「バレンタイン」での共演がきっかけでデートをするようになり、何度となくパパラッチされてきた二人ですがまたも短命! わずか3か月で交際が終了。理由はロートナーが押せ押せで積極なことにスウィフトが及び腰になってしまったからだとか(テイラーって追っかけたいタイプなんですね)。可哀想なことにフラれてしまったテイラー君でしたが、ただで終わらせないのがテイラー・スウィフト。なんと自分で振っておきながらこの3か月の恋も歌にしちゃうのです(しめしめって思ってないよね笑?)。「Back to december」がテイラー・ロートナーに向けられた曲なのではないかと噂されています。気になる歌詞ですがとてもストレート(笑)。「あの夜はごめんなさい。あなたは愛をくれたけど、私が返せたのはさよならだけ」ってテイラーさん、ちょっと酔いしれすぎじゃないですか!?

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

結婚準備スタート2018春
2017年9月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために
「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間6種類。